OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/more/239180/

横森理香 連載「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン1 終わらない春 第4回 遺書

横森理香

横森理香

作家・エッセイスト。1963年生まれ。多摩美術大学卒。 現代女性をリアルに描いた小説と、女性を応援するエッセイに定評があり、『40代 大人女子のためのお年頃読本』がベストセラーとなる。代表作『ぼぎちんバブル純愛物語』は文化庁の主宰する日本文学輸出プロジェクトに選出され、アメリカ、イギリス、ドイツ、アラブ諸国で翻訳出版されている。 著書に『コーネンキなんてこわくない』など多数。 また、「ベリーダンス健康法」の講師としても活躍。 主催するコミュニティサロン「シークレットロータス」でレッスンを行っている。 日本大人女子協会代表

記事一覧を見る

倒れてから一カ月。従妹の亜紀は目覚めることなく、この世を去った。お別れの夜、佐知は、息子の結婚式ではしゃぐ亜紀の夢を見た・・・・・・一見、幸せそうに見える大人女子も、実はセツナイ内情があるもの。横森先生がお届けする、乾いた心を癒すマインドスチーム~mist~をどうぞ。

横森理香 小説 mist

第4話 遺書

 

なにしろ突然の死だったから、遺書らしきものなどなかった。亜希はもちろん、この年で死ぬつもりなどなかったのだ。

 

「康ちゃんが結婚したら、孫の世話でしょ? そのあとは親の介護が始まるわよ。叔母さんも一緒に面倒見るよ。近いから」

とよく言っていた。

「二人送ったあとは、パパの介護だよ。休む暇なしだね」

そんな先のことまで考えられない佐知は、亜希を頼もしいと思うと同時に、よくそんな献身的になれるなと、感心すらするのだった。自分のことはいつも二の次、家族や親戚、友達の事ばかり考えていた。

 

「亜希ちゃん、家族の事より、自分の健康も少しは気遣って。どう見ても太り過ぎだから。血圧とか、計ってる?」

などと言っても、

「血圧? 血圧なんか上がりっぱなしだよっ」

と、いらん意地を張った。亜希と佐知の母親たちはもともと東京の下町出身で、嫁いでから山手夫人を気取っているが、素になるとガラッパチなところがあった。料理の味付けも塩辛く、それを伝統的に受け継いでいるのが亜希だった。

 

 

「あ、そーそー、さっちゃんさ、谷中行くことあったら、中野屋の佃煮買って来てね。あさりと山椒昆布と唐辛子の葉」

とよくリクエストしていた。今年は、倒れたのがまだ新米の出始める前だったから、あの塩辛い佃煮で、炊き立てのごはんを食べられなかったのは無念だったろうと、佐知は仏壇にお供えした。

横森理香 小説 ミスト 佃煮

イラスト/原知恵子

 

仏壇は嫁いだ室井家のものだが、そこに亜希の小さい遺影を飾り、亡くなってから色んなものをお供えしていた。

「はい、亜希ちゃん、今年も新米、美味しいよ」

ごはんをてんこ盛りにして、中野屋の佃煮もぽちっと乗せた。

 

遺影は、亜希の父親の命日に、好物だった鰻を母と叔母と四人で食べた時のものだ。佐知のスマホに残っていたのだ。嬉しそうに鰻重をカメラに向ける亜希。あの時も、

「これはもう、うまみの玉手箱や~」

と、グルメ評論家・彦摩呂の真似をしてみんなを笑わせたっけ・・・。

好きなものを思いきり食べて、好きな料理をしている最中に逝ったのだから、本望だったと言えば言える。でも・・・。

 

「ちょっと早すぎだよ、亜希ちゃん」

佐知は遺影に話しかけた。スマホで撮った写真を家のプリンターでプリントし、小さい額に入れたから、ボケてもなく、お葬式の遺影よりはマシだった。

「まだ、康ちゃん一人モンだし、孫のマの字も見えないじゃん。おばちゃんの面倒は私が見るけど、亜希ちゃんには至らないよ」

 

 

佐知は正直、自分には無理、と思っていた。叔母も母もそのことを承知で、二人して入る施設を今から検討していた。叔母が一人住まいしているマンションと、実家の敷地を半分売って、子供たちには迷惑かけないようにするのだと。

 

亜希が倒れる前は、そんなことまで考えていなかったと思うが、葬儀の席で二人がいきなりその話をし始めたので、佐知はやっぱりな、と思った。亜希には任せられるが、佐知にはそもそも、頼むつもりもない。

「嫁に面倒見てもらうつもりもないしねぇ」

 

二人は、まだ見ぬ嫁のことも、ハナから頼りにしてなかった。佐知の兄はいい年をして、いまだ実家住まい。亜希の弟も、独身で新宿区に住んでいる。

「要介護のばあさん二人付きじゃ、来るモンも来なくなっちゃうしね」

と言って笑っていた。佐知は安堵の息をもらすとともに、情けなさでいっぱいだった。

 

私は、母親にも叔母にも頼りにされていない。良かった。じゃなくてダメやん。嫁ぎ先の両親は、短命で既に他界している。二人とも心筋梗塞、脳卒中でピンピンコロリだった。夫は今のところ、病気をすることもなく元気に働いてくれているが、亜希の死で、自分はどうなのかなと、ふと心配になって来た。

 

夫の会社の健康診断で、毎年簡単な検査はしているが、特にひっかかったことはなかった。もともと痩せ型で年を取ってますます太れなくなっているから、皺こそ気になりはすれ、メタボとは無縁。

「でも、痩せてると癌になりやすいって、聞いたことあるしな・・・」

佐知は独り言ちた。五十代にもなると、四人に一人は癌になるっていうし・・・。

 

 

佐知はスマホを見始めた。もし私が、今、突然死ぬことになったら、家族に伝えておかなきゃなんないこととか、書き留めておいた方がいいんじゃないかな? 長男の久志はともかくとして、娘の花梨には残し伝えたいことが山ほどある。それに・・・。

クローゼットの奥底にしまい込んでいる過去の写真を整理して、随分と処分しなければならなかった。

 

「とうとう書くときが来たか」

大人女子用に、お洒落なエンディングノートなるものがあることは知っていたが、遺書らしきものをつけるなんて、まだまだ自分には必要ないと思っていた。が、もしかして自分だって、このコロナ禍の今、死ぬ可能性があるのではないか?

 

佐知はそれまで見ようともしなかったエンディングノートを、アマゾンでポチった。

これまでのお話は、こちらからどうぞ。

次回は、4月1日公開予定です。お楽しみに。

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第3回/横森理香 連載「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン1 終わらない春 第3回 お別れ…

次の記事>

次の記事>
第5回/横森理香 連載「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン1 終わらない春 第5回 私たちは色づく葉…

この連載の最新記事

横森理香 連載「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン1 終わらない春 第6話 知られたくない過去

第6回/横森理香 連載「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン1 終わらない春 第6話 知られたくない過去

横森理香 連載「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン1 終わらない春 第5回 私たちは色づく葉

第5回/横森理香 連載「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン1 終わらない春 第5回 私たちは色づく葉

横森理香 連載「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン1 終わらない春 第4回 遺書

第4回/横森理香 連載「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン1 終わらない春 第4回 遺書

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル