HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/more/303346/

フェムゾーン(デリケートゾーン)が下着にすれてヒリヒリするように。何かケアすべき?(56歳)/硬いジーンズや自転車のサドルに当たると、外陰部が痛いです。どうすればいいですか?(48歳)【更年期のフェムゾーンの悩み】

閉経前後から感じやすくなるフェムゾーン(デリケートゾーン)の不快さは、かゆみやにおい以外にも、さまざまな症状があります。今回は痛みを感じるという二人の悩みです。はたして、解決法はあるのでしょうか? 八田先生お願いします!

答えてくださった方

八田真理子
八田真理子さん
産婦人科専門医
公式サイトを見る

幅広い世代の女性の診療・カウンセリングを行う地域密着型クリニック「 聖順会 ジュノ・ヴェスタ クリニック八田」院長。著書に『思春期女子のからだと心 Q&A 資料ダウンロード付き』(労働教育センター)、『産婦人科医が教える オトナ女子に知っておいてほしい大切なからだの話』(アスコム)ほか。

 

今回も、40代以降に多い症状ですね。

この連載を読んでくださっている方はもうおわかりでしょうけれど、フェムゾーン(デリケートゾーン)の不快感は、以前も出てきたGSM(ジーエスエム)そのものの症状です。

 

♦更年期の外陰部は”せんべい布団”

 

乾燥する、かゆい、痛い、ムズムズ感、ヒリヒリする、ピリピリする、イガイガ感がある、ほてる、熱感がある…など、人によっても時によってもさまざまな不快感があります。

 

何もしなくてもそうなのですから、ショーツですれて痛いのはもちろん、硬いデニムなら、それはそれは痛いでしょう! 自転車のサドルが硬ければ、それもまた痛そう!

 

女性ホルモン「エストロゲン」はお肌の潤いを保ってくれることはご存じだと思います。

エストロゲンには、皮膚や粘膜のコラーゲンを増やして、みずみずしさやハリを与える働きがあるのですが、それは顔やボディの皮膚だけでなく、フェムゾーンも同じ。エストロゲンが減少すると、ゆくゆく顔はシワシワたるたるに、ふっくらしていた外陰部はしぼんでしまいます。羽根布団がせんべい布団になってしまうんですよ!

 

 

敏感になった更年期の外性器は、下着やおりものシートなどによる摩擦に弱く、腫れたような痛みが起こることもあります。

洗いすぎ、ゴシゴシこすりすぎ、強い洗浄力のあるボディソープなどで洗うのも刺激が強すぎるのでNG!

 

♦経血がナプキンの前側につくようになったら、それは…

 

月経がまだある人なら、経血がナプキンの前側へ漏れてくるという変化もあります。

 

若い頃は大陰唇にハリがあるため、経血は後ろ側へ漏れることが普通ですが、更年期以降せんべい布団になった大陰唇は経血を押し返さないので、前方へ行ってしまうのです。

 

さて、痛い場合の対策としては、まずは外性器の肌にできるだけ刺激を与えないこと。

ショーツは、肌への優しさを第一に素材重視で考えて!

かわいいものやセクシーなランジェリーを身につけていたい気持ちもわかるけれど、デザイン重視の下着は肌に刺激の強い素材でできていたり、通気性が悪かったりします。

ポリエステル素材などではなく、コットン100%を選んでみてください。

 

そして、縫い目の少ないもの(またはシームレス/無縫製)やタグなどがついていないものを選びましょう。

レース素材が好みであれば、クロッチ(股の当て布)だけがコットンやシルクなど天然素材が使われているものがおすすめ。

クロッチが狭いと、縁が外陰部に食い込むことで不快に感じます。さらに、サイズ選択も重要。

メーカーによっても違うので、体にフィットしたきつくないサイズを選ぶこともチェックポイント。下着の形状が影響していることもあるので、例えばTバックよりは、スタンダードなショーツやボクサータイプのほうが楽に感じることも。

【この連載の担当編集が最近ネットショップで見つけた、お気に入りのショーツ。股関節を締めつけない”ふんどしタイプ”で、素材は綿100%。価格は送料込みで2090円(税込み)でした】

 

♦ほかにもあります。更年期世代は避けたほうがいいもの

 

ガードルショーツなど、締めつけの強い下着も更年期には避けたいもの。補整下着などはフェムゾーンの大敵です。さらには、洗濯のすすぎが不十分で洗剤が付着した下着、夏場のストッキングのムレ、長時間のパンティライナーや尿もれシートの使用などもトラブルに直結です。

 

そして、硬いジーンズはやめましょう。

オバサンぽくてもダサくてもなんでも、ジーンズならソフトなデニム素材に。

それにジーンズでなくても、おしゃれはできますから。

 

毎日、自転車に乗っている人は、そりゃサドルの痛さ、気になりますよね。

サドルの形や素材の硬さによると思いますが、クッション性のあるサドルカバーをつけるとか、サドルを替えるなどの工夫が必要かもしれません。

 

もうひとつ、忘れてならない解決法があります。

それはHRT(エイチアールティー/ホルモン補充療法)です。

女性ホルモン(具体的にはエストロゲン)を薬で補う治療。

 

♦HRTは女性器の症状にも有効です

 

HRTとは、少量の女性ホルモンを補うことで、更年期の不調を改善するひとつの方法です。

とはいえ若い頃のような量にまで増やすのでなく、少量のホルモンで女性ホルモンの揺らぎを整えるようなイメージ。

HRTというとホットフラッシュの改善だけと思われがちですが、精神症状や今回のご相談にあるような女性器の症状にもズバリ効き目があります。

 

また、HRTは「ホルモン注射」のイメージと混同してしまうのか、注射による治療だと思っている人も少なくありません。

でも、補う女性ホルモンはごくごくわずかな量。

用いる薬剤のタイプですが、注射ではなく飲む錠剤や、皮膚に貼るパッチ剤、腕などに塗るジェル剤、腟に挿入する腟剤などがあります。

 

日本ではHRTはがんになる、などと報道されたことにより、怖いイメージが先行して、まだその恩恵を受けていない女性がほとんどです。

日本は先進国の中でHRTの普及率は、かなり低いことが明らかにされています。しかし、2021年秋に新発売された天然型の黄体ホルモン経口薬は、乳がん、子宮体がんリスクを上げないことが証明されていて、HRTの安全性はさらに高まってきました。

 

またHRTに精通した婦人科医の診察を受けるにはどうしたらいいかと聞かれることも多くなりました。

もし、お近くの婦人科でいまひとつ納得できる説明がなかったら、今はオンライン診療を受けるという手もあります。

オンライン診療後、処方箋をメールで送ってもらい、近所で薬を受け取ることも可能となりました。

ただし、きちんと検診は受けてくださいね。

 

何はともあれ、更年期の悩みは放っておかない!

「小さな不調もよくなって当たり前!」という気持ちを持つことが大事です。

 

 

取材・文/蓮見則子 イラスト/内藤しなこ

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第3回/セックスのときに腟が濡れなくなりました。痛くて苦痛なので、つい夫を拒否……。何か…

次の記事>

次の記事>
第5回/腟ケアとかフェムゾーン(デリケートゾーン)のケアに興味はあるけれど、専用ソープや…

この連載の最新記事

腟まわりが乾燥するので、婦人科のアドバイスをもとにフェムケアを始めましたが、お金も時間もかかります。これ、いつまで続くのでしょう?(51歳)【更年期のフェムゾーンの悩み】

第16回/腟まわりが乾燥するので、婦人科のアドバイスをもとにフェムケアを始めましたが、お金も時間もかかります。これ、いつまで続くのでしょう?(51歳)【更年期のフェムゾーンの悩み】

ヨガのポーズで、最近おならがよく出るようになりました。しかも時々、腟からも音が出てしまいます。防ぐ手立てはありますか?(50歳)【更年期のフェムゾーンの悩み】

第15回/ヨガのポーズで、最近おならがよく出るようになりました。しかも時々、腟からも音が出てしまいます。防ぐ手立てはありますか?(50歳)【更年期のフェムゾーンの悩み】

デリケートゾーンの黒ずみは、もうピンクには戻らないでしょうか? 原因とケアをお答えします【更年期のフェムゾーンの悩み】

第14回/デリケートゾーンの黒ずみは、もうピンクには戻らないでしょうか? 原因とケアをお答えします【更年期のフェムゾーンの悩み】

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル