OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/consultation/185988/

主人が亡くなったらひとりぼっち。将来が不安です

地曳いく子

地曳いく子

non-no、MORE、Oggi、eclatなど雑誌を始めとし、タレントの衣装も担当。イタくない大人のスタイリングを得意とし、テレビ、トークショーなどで活躍、キャリア30年のスタイリスト。大人のおしゃれを考え直す「50歳、おしゃれ元年。」(集英社)をはじめ、「服を買うなら、捨てなさい」(宝島社)、「ババア上等! 余計なルールの捨て方 大人のおしゃれDo!&Don’t 」(集英社)など著書多数

記事一覧を見る

<お悩みその2>

子どものいない40代夫婦です。子どもがいないので、もし主人が亡くなってしまうとどうしたらいいのか、一人で生きていく気力がなく将来のことを考えるだけで不安になります。子どもがいてもひとりぼっちになる人はなるということは分かってはいますが、やはり不安がつきまとってしまいます。心の持ちようを教えてほしいです。(43歳・専業主婦・東京都)

<お答え>

私は還暦なんですが、この年ぐらいになると、ご主人が亡くなって独りになった同級生が結構まわりにでてきます。

 

今は昔と違って、世界情勢も気候も不安定で、家庭があっても安定感なんてなくて、夫婦であれ、独身であれ、それぞれが不安を抱えてる時代。子どもがいるから安心だ、なんてよく言いますが、子どもは結婚したら相手の家を大切にして、実家には見向きもしなくなっちゃうことが多いですよね。まあ、それぐらいじゃないと結婚生活なんてうまくいかないわけですが。

 

というわけで、将来の不安は自分だけじゃなくてみんながもってるもの、まずはそう思って。そうじゃないと鬱になっちゃう。

 

女性は40歳すぎると不安感が高まるといいますよね。女性ホルモンが減るからという説もあるけれど、なんだかんだで人生50年だった昔にはなかった心配がある。

 

心の持ちようとしてはまず「自分の心を下に引っ張る人と会わない」

 

下に引っ張る人、っていうのは、LINEしたり会った後に「なんか疲れる」人のこと。私の周りではそういう人のことを「エナジーバンパイア」と呼んでます。私なんかは、エナジーバンパイアとお茶したり会うのは疲れるから断りますよ。

50歳すぎてからまた、ライブハウス通いを再開しているのですが、それで同じ音楽好きの若い子たち(親子ほど歳が違う! 笑)との接点が増えました。LINEでやりとりしてるから、本名なんて知らないけど仲良し。若い子ってすごくエネルギーをくれるんです。このあいだは、私のスタイリストアシスタントだった30代前半の女の子が家に来てくれて一緒にご飯しましたよ。

 

「お一人様」も素敵なんだけど、喜びをシェアしたいときってありますよね。

 

同年代の人は、介護とかお子さんの受験なんかで忙しかったりするでしょ。そういう意味でも若い子とご飯食べたり、映画観たりするのはとてもおすすめ。子どもがいない場合は「フェイク子ども」、もっと歳とったら「フェイク孫」を作る! 若い子と出合う機会がない場合は、親戚の中でいませんか? なんか気の合う姪っ子とか。「誕生日でしょ、焼き肉おごるよ」って言えばすぐ出てきますよ(笑)。

 

もうひとつおすすめなのは「体を動かす」こと。ヨガのレッスンなんかも気が晴れるはず。他に散歩、ご近所でも普段通らない道を通るとか、隣町まで足を伸ばして素敵なカフェでお茶をしても良いですよね。40歳過ぎてからお稽古ごとを始める人って多くて、人との交流が増えてみんな元気になってます。

 

あなたはここに質問を送ってくださったぐらいだから、何かをやる気力をきっともっているはず!

 

まずは気楽に何か始めてみる、ダメだったらやめる、でいいんじゃないでしょうか。でも、その中で自分に合わない人に遭遇してしまったら近づかないこと! それだけは気を付けてね!

 

・・・・・・・・・・・

ババア上等!悩み相談」では、あなたのお悩みを募集中!

 【お悩み投稿のルール】

①宛先: toko@shueisha.co.jp  ←こちらまで!

②メールタイトル:【いく子さんの悩み相談】

※違うタイトルでお送りいただくと、受付できないことがありますのでご注意ください。

③必要事項:年齢・ペンネームのみ(本名は書かないでください)

④文字数の目安:200字程度

【注意事項】

以下の内容をお読みの上、ご了承いただいた上で投稿をお願いいたします。

・投稿いただいた内容は、OurAgeの企画および、集英社の雑誌・書籍等(web・SNSを含む)にて掲載、キュレーションメディア等に転載する場合があります。

・掲載する際には、ペンネームおよび内容を一部改編する場合があります。

・投稿の採用結果につきましては、お知らせいたしません。

・投稿内容等の確認のため、編集部よりご連絡する場合があります。

・投稿いただいた方のメールアドレス・ペンネームは本企画遂行の目的以外には使用いたしません。

 

投稿お待ちしています!

 

・・・・information・・・・

いく子さんの最新刊「おしゃれは7、8割でいい」(光文社)好評発売中です!

「一生ものをもたなきゃ」「ワンランク上を目指さなきゃ」といった呪いをかけられてきた私たち。最近、おしゃれするのがなんだかしんどくないですか?

100%完璧じゃなくっていい。無理しすぎず疲れない、それこそが今の時代のスマートなやり方。人生とおしゃれが楽しく、楽になるヒントが詰まっています!

 

イラスト/松元まり子

<前の記事

<前の記事
第1回/太ってきた私、似合うものを見つける方法は?…

次の記事>

次の記事>
第3回/古い服を捨てられない。部屋着なら着られる、とか思ってしまう……

この連載の最新記事

職場の若い人たちから気を遣われずに接してもらうコツは?

第4回/職場の若い人たちから気を遣われずに接してもらうコツは?

古い服を捨てられない。部屋着なら着られる、とか思ってしまう…

第3回/古い服を捨てられない。部屋着なら着られる、とか思ってしまう…

主人が亡くなったらひとりぼっち。将来が不安です

第2回/主人が亡くなったらひとりぼっち。将来が不安です

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル