HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/consultation/358143/

猫派の私 VS 犬派の旦那【60代読者のお悩み】

地曳いく子

地曳いく子

non-no、MORE、Oggi、eclatなど雑誌を始めとし、タレントの衣装も担当。イタくない大人のスタイリングを得意とし、テレビ、トークショーなどで活躍、キャリア30年のスタイリスト。大人のおしゃれを考え直す「50歳、おしゃれ元年。」(集英社)をはじめ、「服を買うなら、捨てなさい」(宝島社)、「ババア上等! 余計なルールの捨て方 大人のおしゃれDo!&Don’t 」(集英社)など著書多数

記事一覧を見る

お悩み:その70

私も旦那も還暦を迎えました。子育てをしているときは、ペットを飼う余裕はなかったですが、今だったら飼えます。旦那とも「ペットを飼うなら今がラストチャンス」と話しているのですが、猫好きな私と犬好きな旦那でどちらを飼うか、揉めています。
私たちのマンションはペット可ですが、『猫もしくは小型犬、一匹まで』と決まっています。ご意見をお聞かせください。(千葉・その他・61歳)

 

地曳さんのお答え

イラスト/松元まり子

イラスト/松元まり子

 

はい、犬にしてください。(即答。笑)

一般的に男のほうが寂しがり屋だし、定年退職後はやることもないだろうから、旦那には犬を宛てがっておく(笑)。
犬種にもよりますけど、犬は基本的に毎日散歩させないといけないじゃないですか。
人間、60歳も過ぎるとだんだんと外に出るのが億劫になるので、犬の散歩がいい運動になる。

 

そして、旦那に責任感を持たせて生きる喜びを与えてあげればいい(笑)。
旦那は健康になって、あなたは時間ができて一石二鳥!(笑)
猫好きなあなたは猫カフェにでも行きましょう。

 

逆に、猫を飼った場合のことを想像してみてください。
あなたは自分の意見を通した手前、どんなに忙しくても疲れていても猫の面倒を見て、さらに一日中に家にいる旦那の面倒も見ないといけないかもしれない(笑)。

 

「猫は散歩がない分、手がかからない」と思うかもしれませんが、猫は犬と違ってどんな高いところでも登れちゃいますよね。ということは、家の中に危険なものがないか? 埃が溜まっていないか? 誤ってガスコンロに火をつけたりしないか? など一日中気を配らないといけません。

 

…面倒でしょう? だから家庭円満には犬!(私はどちらも好きです)

 

最後に。
世界的にはペットショップでの販売を禁止にしたり、アニマルウェルフェア(動物福祉)が広まってきています。たしかに、子猫や子犬は可愛いんだけど保護施設から引き取るのも手かもしれません。

 

 

 

お悩み:その71

私は、これまで一人で何かするということはありませんでした。しかし、もう子どもももう独立したので、これからは地曳さんのように、一人でいろいろなところに行って“おひとり様”を極めたいです。ですが、一人で外食はおろか、カフェさえも入れないです。どうすればいいでしょう?(61歳・その他・群馬)

 

地曳さんのお答え

私って、そんなに“おひとり様”を極めているように見えるんでしょうか?(笑)

…たしかに、“おひとり様”という言葉が生まれる遥か昔からフリーランスとして働いていたので、パートナーがいてもいなくても、現場と現場の合間にひとりでランチを食べたり、ひとりでどこかに行かないといけないことが多かったです。
そういう意味では、私は“おひとり様”教祖といっても過言ではないかもしれません(笑)。

 

この「ひとり行動ができるようになりたい!」というご相談は、私のトークイベントなどでもよく聞きます。「子どもが独立したから」「親の介護が終わったから」「パートナーが亡くなったから」などさまざまな理由から、体力があるうちに誰に気兼ねすることなく、ひとりで出かけたいと思う人が増えているようです。

 

昔は女がひとりでどこかに行くと周りの人に「やだ、あの人ひとりで可哀想」と陰で言われることも多かったじゃないですか。女ひとりだと旅館にも泊まれませんでしたからね。
でも、今は時代が変わったので、ひとりでも全然大丈夫! 気軽に近所から行動範囲を拡げていきましょう。

 

まずは、“ひとりcafe”から。
お近くのドトールやスタバに入って店内利用で飲み物を注文してください(小腹が空いていたらサンドウィッチも追加で!)。すると、逆に店内には“おひとり様”がほとんどだということに気づくと思います。

 

次に、ランチに挑戦ですね。
平日12時~14時のランチタイムは基本的にどこも仕事をしている人で賑わうので、オープン直後の11時や、逆にピーク後の14時以降だと空いているので、気軽に入りやすいです。

 

次に、平日のスーパー銭湯や映画館に行ってみる。そうやって、徐々に行動範囲を拡げていきましょう。

 

最終的に、ひとり旅に挑戦したくなったら、『大人の旅はどこへでも行ける 50代からの大人ひとり旅』(扶桑社)を読んでください(笑)。

 

 

あなたのお悩みを募集中!

お悩み投稿のルール

①メールの宛先:toko@shueisha.co.jp

②メールタイトル:【いく子さんの悩み相談】
※違うタイトルでお送りいただくと、受付できないことがありますのでご注意ください。

③必要事項:年齢・ペンネームのみ(本名は書かないでください)

④文字数の目安:200字程度

お悩み投稿の注意事項

以下の内容をお読みの上、ご了承いただいた上で投稿をお願いいたします。

・投稿いただいた内容は、OurAgeの企画および、集英社の雑誌・書籍等(web・SNSを含む)にて掲載、キュレーションメディア等に転載する場合があります。

・掲載する際には、ペンネームおよび内容を一部改編する場合があります。

・投稿の採用結果につきましては、お知らせいたしません。

・投稿内容等の確認のため、編集部よりご連絡する場合があります。

・投稿いただいた方のメールアドレス・ペンネームは本企画遂行の目的以外には使用いたしません。

 

メールをお待ちしています!

 

・・・・information・・・・

●2023年9月20日(水)発売!

『ババア最高! +60歳からのHAPPYおしゃれ』((集英社)

家の中で赤いリップを塗って何が悪い! 派手色ネイル上等! 命短し着飾れBBA! “第2ステージを楽しまなくちゃ損”と人生謳歌中のスタイリスト・地曳いく子さんと漫画家・槇村さとるさんが、還暦からのHAPPYおしゃれ術を教えます! ファストファッションを取り入れた着こなしや、+60から着たいブランド、秘密の着痩せテクなどを幅広く徹底指南。超効率重視&完璧主義・いく子の家事テク紹介も収録で、お得感満載の一冊。

 

●2023年5月10日(水)発売!

『60歳は人生の衣替え』(集英社)

『60歳は人生の衣替え』(集英社)

「歳なんて単なる数字」と粋がっていた著者さえ、還暦を過ぎれば、朝起きれば節々は痛み、女性ホルモンの枯渇からか気分まで鬱々。さらにはコロナ禍の自粛生活で完全なる運動不足に! では、頑張って年齢に抗う? いえいえ、これから必要なのは、季節の移り替わりを受け入れてその季節を楽しむということ。おしゃれも生き方も“衣替え”して、Over60からの「季節」を楽しみませんか?

 

●本連載が“いきなり文庫!”として書籍化! 絶賛発売中です!!

『ババア上等! 番外編 地曳いく子のお悩み相談室』(集英社文庫)

50代、何を着てもヘン。わけもなく夫にイライラ。ワクワクがない。将来が不安でたまらない――。
中高年女子に押し寄せる“お悩み”の数々。ネットで検索しても、友達に相談しても答えが見つからない。
でも大丈夫! おしゃれ、仕事、人生など、全国から寄せられたあらゆる問題をスタイリストが解決&爆笑に変える。
「悩めるBBAの駆け込み寺!? テンション爆上がりスポット」も紹介。コスパ最強の1冊!

 


MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第55回/ベルトを使ったコーデを教えて【50代読者のお悩み】

この連載の最新記事

猫派の私 VS 犬派の旦那【60代読者のお悩み】

第56回/猫派の私 VS 犬派の旦那【60代読者のお悩み】

ベルトを使ったコーデを教えて【50代読者のお悩み】

第55回/ベルトを使ったコーデを教えて【50代読者のお悩み】

自分だけ嫌な仕事ばかり押し付けられる【40代読者のお悩み】

第54回/自分だけ嫌な仕事ばかり押し付けられる【40代読者のお悩み】

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル