HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/consultation/296216/

ホットフラッシュの症状を感じさせないファッションとは?【50代読者のお悩み】

地曳いく子

地曳いく子

non-no、MORE、Oggi、eclatなど雑誌を始めとし、タレントの衣装も担当。イタくない大人のスタイリングを得意とし、テレビ、トークショーなどで活躍、キャリア30年のスタイリスト。大人のおしゃれを考え直す「50歳、おしゃれ元年。」(集英社)をはじめ、「服を買うなら、捨てなさい」(宝島社)、「ババア上等! 余計なルールの捨て方 大人のおしゃれDo!&Don’t 」(集英社)など著書多数

記事一覧を見る

 

お悩み:その41

更年期特有ののぼせや、ほてりのホットフラッシュに悩んでいます。症状を感じさせないファッションを教えていただきたいです。(50歳・公務員・千葉県)

 

地曳さんのお答え

まず、ホットフラッシュで一番大切なのは、体温調整です。

特にこれからの季節は「外は寒いのに室内に入った途端暑い!」と、ただでさえ調整が難しい時期。しかも、今はマスクをするから余計に首から上がカ~ッと暑くなってきちゃう。

 

症状は大なり小なり個人差がありますけど、服一枚で解決するなんて到底無理です。重ね着で調整! 我慢はしない! ホットフラッシュを乗り切るには、これに尽きます。

 

そのためには、一番下には見せてもおかしくないTシャツやカットソーを着ることです。その上からカーディガンやセーター、パーカーなどを着て「暑い」「暑くなりそう」と感じたら、こまめに脱ぎ着をする。突然暑くなってきて今すぐ脱ぎたいのに、ババシャツが恥ずかしくて脱げない…という状況にしない! 歌舞伎や映画を観るときでも、とにかく脱ぎ着できるものを選ぶようにしましょう。室温が一定している場所にいるからといって侮らないで。

 

だけど、半袖Tシャツだと肩回りや二の腕が気になる方もいっしゃいますよね。そういう場合は適度にゆったりした長袖Tシャツを着て、気になる部分を隠すのもいいと思います。チノ(CINOH)の長袖Tシャツは一枚で決まるのでおすすめです。

 

あとは、更年期が始まる前のおしゃれと同じように考えない! たしかに、ホットフラッシュが始まると、着たい服が着たいように着られなくなるし、これまでのコーディネート通りにはいかなくて、はっきり言ってイライラします。
私の場合、タートルネックがすごく好きなので冬のインナーは基本タートルネックでした。だけど、ホットフラッシュが始まった途端、もう首回りを「い~っ!」と引きちぎりたくなるくらいに暑くて着られない。もうこればかりはしょうがないから、数年間は丸首型のクルーネックにして乗り切りました。

イラスト/松元まり子

イラスト/松元まり子

 

そんな私も今年63歳になりましたが、また大好きなタートルネックが着られるようになったんです! 少なくなった女性ホルモンバランスに身体が慣れてきたから前のようなホットフラッシュがなくなったんですね。

 

あなたもまた着たい服が着られるようになります。今は「期間限定のおしゃれを楽しむ」くらいに考えて、これまでのおしゃれは一旦お休み。とにかく自分が快適に過ごせる服を選びましょう。

 

 

お悩み:その42

地曳さんはおしゃれで素敵な生活をしているイメージがあります。現在、コロナ禍でゆったりとした生活をしている中で工夫していることは何ですか?(46歳・会社員・栃木県)

 

地曳さんのお答え

私にいいイメージを持っていただいて、ありがとうございます!

私はインスタグラム(@ikukoluv)やツイッター(@FukuBot)などのSNSをやっているので、きっとご覧くださっているんですね。

 

はい、もちろんいいところだけしか見せていません(笑)。せっかくいいイメージを持っていただいているのに、裏切るようですみません。

 

だけど、コロナ禍の時間を使って変わったことがあります。
まず、おしゃれに関しては、時間が有り余っているので、家で眠っているアクセサリーを全部出してみたんです。そうすると、今でも似合うもの、今着けても「いいな」と思えるものは少なかった。たとえば、ついこの間買ったものだと思っていたチョーカー。よく考えたら20年以上も前にニューヨークで買った代物で、今着けるともう首が苦しいんです。あれれ、いつの間にチョーカーがちっちゃくなっちゃったのかしらって(本当は私の首が逞しくなってるんですけど笑)。
そうやって、今の自分に合うものを厳選することでひとつひとつのアクセサリーをより大事にできるようになりました。

 

マスクの付け外しでダイヤのピアスとパールのピアスを2個ずつ失くしました。前だったら「ま、いっか」とか思っていたけど、自分で選び抜いたものだけを持つようになると「絶対に失くさないようにしよう」と思うようになる。チェーンのピアスはかわいいけど、マスクの紐で引っ掛かって紛失率が高いから、普段の日はフープタイプのものにしよう、とか。
新しいもの、買ったばかりの品物のほうが価値があるように思えるけど、いま既にあるものを一旦整理することでさらに大切にしようと思えるので、定期的な整理は続けようと思いました。

 

生活に関しては、外出の機会が減っていて季節の変わり目や旬なものに鈍感になりがちなので、ベランダ園芸で自然を感じるようにしています。トマトを育てたり、ゴーヤを育てたり(今年の夏は暑かったので、ミントやバジルだけがもりもりと成長しました)。あとはオーガニックの梅を取り寄せて梅干しを作ったりもしています。
こうした取り組みひとつで生活が単調にならないので、ベランダ園芸はおすすめです。

 

もうひとつ。コロナ禍以降、打ち合わせもZoomが多くなって家から出ることが減ると、身体が鈍っちゃって大変なことに…。自宅ではなかなかできない性格なので、コロナに気を付けながらジム通いを増やしました。以前は週1、2回しか行っていなかったジムに、今は週4回以上通っています! もうこの歳になると、いかに筋肉を落とさないかが重要なので、面倒くさくてもサバイバルのつもりで通っています。すると、徐々に二の腕が引き締まってきて、楽しくなってきました。

 

これが、いま私が工夫していることですね。

 

 

あなたのお悩みを募集中!

お悩み投稿のルール

①メールの宛先:toko@shueisha.co.jp

②メールタイトル:【いく子さんの悩み相談】
※違うタイトルでお送りいただくと、受付できないことがありますのでご注意ください。

③必要事項:年齢・ペンネームのみ(本名は書かないでください)

④文字数の目安:200字程度

お悩み投稿の注意事項

以下の内容をお読みの上、ご了承いただいた上で投稿をお願いいたします。

・投稿いただいた内容は、OurAgeの企画および、集英社の雑誌・書籍等(web・SNSを含む)にて掲載、キュレーションメディア等に転載する場合があります。

・掲載する際には、ペンネームおよび内容を一部改編する場合があります。

・投稿の採用結果につきましては、お知らせいたしません。

・投稿内容等の確認のため、編集部よりご連絡する場合があります。

・投稿いただいた方のメールアドレス・ペンネームは本企画遂行の目的以外には使用いたしません。

 

メールをお待ちしています!

 

・・・・information・・・・

●本連載が“いきなり文庫!”として書籍化決定しました!

『ババア上等! 番外編 地曳いく子のお悩み相談室』(集英社文庫)

50代、何を着てもヘン。わけもなく夫にイライラ。ワクワクがない。将来が不安でたまらない――。
中高年女子に押し寄せる“お悩み”の数々。ネットで検索しても、友達に相談しても答えが見つからない。
でも大丈夫! おしゃれ、仕事、人生など、全国から寄せられたあらゆる問題をスタイリストが解決&爆笑に変える。
「悩めるBBAの駆け込み寺!? テンション爆上がりスポット」も紹介。コスパ最強の1冊!

 

●絶賛発売中!
『ババアに足りないのは愛!+60からのHappyおしゃれBOOK』(集英社)

 

地曳いく子さん×漫画家・槇村さとるさんの人気シリーズ第3弾がついに発売!
2人が次に目指すのは、愛にあふれたHappyなおしゃれ!
+60から着たいブランドや、この世代ならではの秘密の痩せテクを紹介。

 

●絶賛発売中!
『ババアはツラいよ! 55歳からの「人生エベレスト期」サバイバルBOOK』(集英社文庫)

 

 

シリーズ第2弾を文庫化!
何を着てもビミョー。身体はガタガタ。心は不安定。そんな「55歳問題」をスカッと解決! 文庫版オリジナルコンテンツも豊富です。


今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第35回/「自分が死んだら散骨して」という母。だけど、正直抵抗が…【40代読者のお悩み】…

次の記事>

次の記事>
第37回/仕事覚えの悪い部下にイライラ。どう指導すれば?【40代読者のお悩み】…

この連載の最新記事

加齢とともに我が強くなりババア丸出しです。どうやって直す?【30代読者のお悩み】

第38回/加齢とともに我が強くなりババア丸出しです。どうやって直す?【30代読者のお悩み】

仕事覚えの悪い部下にイライラ。どう指導すれば?【40代読者のお悩み】

第37回/仕事覚えの悪い部下にイライラ。どう指導すれば?【40代読者のお悩み】

ホットフラッシュの症状を感じさせないファッションとは?【50代読者のお悩み】

第36回/ホットフラッシュの症状を感じさせないファッションとは?【50代読者のお悩み】

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル