OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/fifty-year-old-neighbor/240953/

〝教えて!あなたの買い物の失敗談〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㉛)

ギリコ

ギリコ

朝起きたらFMラジオをきくことが多くなりました。テレビを何となくつけっぱなしにしているより、落ち着いて朝の家事ができます。

記事一覧を見る

こんにちは、ギリコです!

OurAge読者の声を集めた連載「隣の50歳」

 

今回きいてみたのは「教えて!あなたの買い物の失敗談」です。

 

「ステーキ用のお肉を一切れ700円と思い、3枚買うことに。ところが100g700円の勘違いでした。後戻りできずそのまま買いました…」、「タイツを爆買いし、家に着いてから見たら全て子ども用だったことが判明。どうりで可愛いデザインだと思った」、「サプリを注文したが、届いたら犬用だった」、「パソコンにカメラが内蔵されていることを知らずにWebカメラを買ってしまった」、「ショウガだと思って買って帰ったら、菊芋だった」、「いわしを買ったつもりがシシャモだった」、「日当たりや眺望が気に入り、思い切って買った新築物件。ところが引き渡しの1週間前に販売会社から〝物件のすぐ前にマンションが建つことになりました〟と連絡が!取り返しのつかない大失敗です」などさまざまな声が寄せられました。

 

さぁ、それでは結果発表です。

気になる結果はいかに!

 

じゃじゃ~~んッ

 

1位「ネット通販での失敗」

615票

「安かったのでネットでカーテンをオーダーメイド。ところが届いたら、思っていたよりもド派手なピンク。オーダーメイドなので返品は不可とあり、あきらめた」(55歳・会社員)、「ネット通販で絨毯を買ったのですが、届いたものが質感も色も全く好みのものではなかったので返品することに。重いので、返品のために再度梱包し直すのが大変でした。2度とネットで大きなものは買わないと心に決めました」(51歳・自営業)、「インターネットで服を購入して失敗しました。表示されているサイズをちゃんと見たり、実際にふだん着ている服のサイズも測ってから買ってみても、届いたものを着てみるとサイズが合わないことが多いです」(不明)、「ネットでパンツを買ったら、子どもサイズでは?と思うようなものが届いた。ピッチピチすぎて、履くのはあきらめました」(49歳・会社員)、「最近ネットで服を買うことが多くなったのですが、若い方たちに人気のブランドはトップスの丈が短いことに驚きました。それとも私の胴体が長いのでしょうか。どれもおなかが見えてしまいそうな短さで、流行にはついていけないと実感」(49歳・会社員)、「旦那さんが興味を持っていた枕をネットで購入し、プレゼントしました。ところが枕の高さが合わないとのことで、一切使ってくれません」(51歳・会社員)、「ネットで福袋をゲットしました。かなりお得な値段だったのですが、中身は全て半袖か夏用のもの。せめて商品がいつの季節向けのものか表示して欲しかった」(不明)、「ネットで買い物することが増え、失敗も比例して増えています。先日の失敗はタコ。たこ焼き用に注文したら、びっくりするほど大きなタコの足が届き、しかも不味かった……」(54歳・専業主婦)、「今年のバレンタインは店頭で試食することなく、ネットで購入しましたが、口に合わなくて失敗」(60歳・会社員)、「通販で服を買ったとき、イタリアサイズとフランスサイズの違いを知らず、すごく大きいサイズの服が届きました。返品はできましたが、そのときの送料は自己負担。がっかりしました」(40歳・専業主婦)、「一回目の緊急事態宣言中に冷蔵庫が故障。とにかく急いでいたのでネットで買ってみたが、届いた冷蔵庫の色が思っていたのとは微妙に違う。我が家のキッチンのテイストと合わず、冷蔵庫だけがういている。毎日目にするものなので、モヤモヤし続けています」(不明)、「通販サイトで見て、素敵!と思って買ったスカート。届いてみたら長すぎる……着ていたモデルの足が長かったのね……」(52歳・パート・アルバイト)

 

ネット通販での失敗で圧倒的に多かったのは服と靴なのですが、家電や食材、日用品など幅広いジャンルにわたっての失敗談が寄せられました。とくに「今まではネットで買い物はしなかったが、コロナで少しでも外出を減らそうと思いネットで買ってみたら失敗してしまった」という方が多かったです。

 

 

2位「合わない服や、結局着ない服、買ったことを後悔する服の購入

513票

 

「薄暗いお店で試着し、いいなと思って買った服。ところが家に帰って見てみたら、思ってた色と違かった」(不明)、「お店で試着し、店員さんに〝すごく似合いますよ〟と言われコートを買った。でも家で着て、よく見てみたら袖丈が短くて変だった」(56歳・専業主婦)、「頑張って痩せたときに買った服。でも買った一年後には太ってしまい、着ることがない」(44歳・パート・アルバイト)、「閉店ギリギリで服を見に行き、色で迷っていたら店員さんから〝人気商品なので、明日には在庫がなくなりますよ〟と言われ、2色とも買ってしまった。かなりの出費でした」(47歳・会社員)、「ほかの人と一緒の買い物で、本来の自分の趣味とは違う服やアクセサリーを〝似合うよ〟と勧められ買ったこと。一度も身につけないまましまいっぱなし、なんてこともあるので買い物はひとりで行く、を鉄則にしています」(57歳・会社員)、「ドライクリニーングオンリーの服を買ったが、クリーニング代がもったいなく感じてしまい、結局着ていない」(51歳・自営業)、「50代になり体に厚みがでて、頭の中で記憶している体型とは違ってきているのに、試着が嫌いなので試さず買ったらサイズが小さかったことがよくあります。かといって、小さいのは困るからと大きいサイズを買ってみると、体もそれに合わせて大きくなってくる……」(53歳・専業主婦)

 

3位「すでに家にあるものを買ってしまった、似たようなものを持っているのにまた買ってしまった

460票

「まだ買ってないと思って購入した漫画の新刊や雑誌。ところがすでに購入済で同じものが家に2冊ある」(40歳・会社員)、「セール品だとすぐに飛びつき、すでに持っていることを忘れ同じものを購入してしまう。買ったこと自体に満足し、使ったり着たりすることなく忘れてしまっている」(57歳・専業主婦)、「とにかく欲しいと思ったものは衝動買いしてしまう性格。なので同じような洋服ばかりが増えていきます」(57歳・会社員)、「家にストックがあるのに買ってしまう。酢、醤油などなど。同じ雑誌を2度買ったのに気づいたときはショックでした」(不明)、「買い換えたスライサーが使い勝手が悪いので、違うものを買いに行ったら……同じスライサーの色違いを買ってしまい、悲しくなった」(不明)、「フライを作るためパン粉を買いに行ったのに買い忘れ、ストックがないと思い買って帰ったものが家にあったり。買い物の前にメモさえすれば防げる失敗が多いです。反省」(45歳・パート・アルバイト)、「同じような似たデザインの服ばかりつい買ってしまい、周囲からはいつも同じ服を着ていると思われていて悔しい」(47歳・パート・アルバイト)、「他人から見たら同じように見える服をいくつも買ってしまう。一時期、トレンチスカートが好きで2年ほどの間に10着買いましたが、今は流行も過ぎ、なかなか出番がありません」(42歳・会社員)、「セールという言葉に惹かれ買ったTシャツ。ところが去年、同じものを買っていた」(50歳・会社員)、「コロナが感染拡大して以降、アルコール消毒液を見かけるたびに買い集めていたら、いつしかそれが癖になり、収納の一角がアルコール消毒液の山に。先日近所のスーパーで、うちにあるのと同じ商品が80%オフでたたき売りされていて、ショックでした」(47歳・専業主婦)

 

重複して買ってしまったもので多いのは、調味料。次が本や雑誌でした。中には「ふだん調味料のストックは1コにしていますが、メモをし忘れたりするとマヨネーズが4本溜まってしまったり。他にはケチャップも3本になったことがありますが、一番呆然としたのはラー油が4コになったとき」や「スーパーへ行くと、どうしてか〝卵を買わないと!〟と思ってしまいます。けれど買って帰ると冷蔵庫には卵が……それが度重なり、家の冷蔵庫に4パック溜まったことがあります」、「好きな作家の単行本を買って読んでいたら、途中で前にもう読んだ話だと気づいた。こんなことがよくあり、先日は同じ本を3冊買ってしまっていた」というコメントも。

 

「隣の50歳」、今回はここまでですがいかがでしたか?

 

最後にギリコが印象に残ったコメントをご紹介します。

「部屋の模様替えのついでにカーテンを新調することになり、全ての窓のサイズを測ってから買いに行きました。ところが買ってきたカーテンはどれもこれもサイズが窓に合わず、これには買ってきた自分自身がびっくり。配偶者からは〝交換してもらえばいい〟と言われましたが、また同じことを起こしてしまいそうなのでしませんでした。その代わりに自分で切って縫ったり、レースを足してみたりして窓のサイズに合わせることに。私も歳をとったなぁと思うことはよくありましたが、こんなことは初めてです。自分が怖くなりました」(56歳・専業主婦)

ひとつもサイズが合っていないとは、これは確かにショックですよね。〝自分が怖くなった〟というお気持ち、よくわかります。ギリコも先日棚の奥を片付けていたら、けっこうな額のお金が出てきてびっくり!「こんなところに、なぜこれだけの金額を隠した(?)のか」、それを全く覚えていないショックときたら……。買い物に関することではありませんが、まさしく〝自分が怖くなった〟経験でした。

 

さぁもうすぐ4月、新年度の始まりです。

新入学、就職、職場の異動や転勤、転職……ご家族やご自身が新しい環境にシフトするという方もいらっしゃることと思います。みなさんの新生活が順調な滑り出しを迎えますように。

 

*******************

OurAge会員にご登録いただかなくても「隣の50歳」に「コメント投稿」ができるようになりました。

(記事の下に「コメント」というところがあります)

「隣の50歳」は読者のみなさんの声でつくられています。

記事を読んでふと思ったことや、「自分の場合は○○です!」などお題に対することなど、気軽にあなたの声をお寄せください。

******************

OurAgeでは毎月アンケート付のプレゼントを実施しています。

今回ご紹介した読者のみなさんの〝本音〟もこのアンケートからご紹介しています。

あなたも素敵なプレゼントに応募しつつ本音を寄せてみませんか?

応募には会員登録(登録料無料)が必要です。

↓下から会員登録できますよ。

OurAgeについて

イラスト/すぎうらゆう

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第30回/〝今、チャレンジしたいことは何ですか?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㉚)…

この連載の最新記事

〝教えて!あなたの買い物の失敗談〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㉛)

第31回/〝教えて!あなたの買い物の失敗談〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㉛)

〝今、チャレンジしたいことは何ですか?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㉚)

第30回/〝今、チャレンジしたいことは何ですか?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㉚)

〝日頃、やりがいを感じるのはどんなときですか?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㉙)

第29回/〝日頃、やりがいを感じるのはどんなときですか?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㉙)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル