HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/interview/247291/

瀬戸康史さんが今ドキドキしていること(インタビュー/前編)

こんな時でも、いえ、こんな時だからこそ、日本を元気にしてくれる。

そんな人気ミュージカル作品『日本の歴史』の再演に、瀬戸康史さんが初参加することになった。

16年前にデビューして以来、着実にキャリアを重ね、存在感を増している瀬戸さん。

いったいどんな思いでこの舞台に向かうのか、その情熱はどこから生まれているのか、

礼儀正しく誠実に、極上のスマイルで話してくれたその答えは・・・。

 

撮影/萩庭桂太 ヘア&メイク/須賀元子(星野事務所) スタイリスト/小林洋治郎(YOLKEN) 取材・文/岡本麻佑

瀬戸康史さん上半身

瀬戸康史さん
Profile

せと・こうじ●1988年5月18日、福岡県生まれ。2005年デビュー。2017年に舞台『関数ドミノ』で第72回文化庁芸術祭演劇部門新人賞を受賞。近年出演のドラマに『透明なゆりかご』(18)、連続テレビ小説『まんぷく』(18~19)、『私の家政夫ナギサさん』(20)、『ルパンの娘』(19、20)、映画は『寝ても覚めても』(18)、『事故物件 恐い間取り』(20)など。舞台では河原雅彦、前川知大、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、白井晃らの演出作品に出演。三谷幸喜の舞台作品は『23階の笑い』(20)に続き2度目。10月15日には劇場版『ルパンの娘』が公開、12月には主演舞台『彼女を笑う人がいても』(作:瀬戸山美咲・演出:栗山民也)も控えている。

 

 

三谷幸喜さんの『日本の歴史』

めちゃくちゃ大変で面白い舞台に挑戦します!

 

「初演を見たとき、すごいものを観てしまった、と感動したんです。終演後は劇中のナンバーを口ずさみながら帰りました。ですからまさか自分が、そのミュージカルに参加することになるなんて! ビックリでした」

 

瀬戸康史さんがそう言うのは、今年7月に再演される三谷幸喜作・演出のミュージカル『日本の歴史』のこと。2018年12月に初上演され、あまりの面白さに観客全員がビックリ、そして拍手喝采の舞台となった。

 

時代背景は卑弥呼の昔から太平洋戦争に至る1700年。テキサスに住むアメリカ人家族の歴史と日本の歴史を重ね合わせ、原因と結果が脈々と連なる歴史の面白さ、その中で右往左往する人間のありようが描かれる。わかりやすくて面白くて、やがて切なくも愛おしくなる、一大絵巻だ。

 

演じる俳優は中井貴一さん、香取慎吾さんら芸達者の、たった7名。登場人物は60人を超えるため、10役以上演じる人も。時代も衣装も台詞も歌も多種多様の盛り沢山で、出演する俳優には演技力、歌唱力、存在感だけでなく、さまざまなテクニックとスタミナが要求される。

 

「ひとつの作品でいろいろな役を演じるのは、演じる者にとっては楽しみでもあるんです。物理的に、衣装の早替えとか小道具とか、めちゃくちゃ大変だと思うんですけど、初演では俳優の皆さんが楽しみながら演じているのを観ていたので、僕も同じように、楽しめればいいな、と。良い意味でラフに、ぶつかっていこうと思っています」

瀬戸康史さん全身座り写真

ジャケット¥88,000 ・パンツ¥50,600/GOOD LOSER(IRENISA)  シャツ ¥15,950/MAISON SPECIAL AOYAMA(MAISON SPECIAL)  ベルト・ソックス・靴/スタイリスト私物

 

三谷幸喜氏の作品に出演するのは、これが2本目。2020年12月に上演されたニール・サイモン原作の『23階の笑い』では、中心人物のひとりを演じた。

 

「三谷さんは、稽古にいらっしゃるとき、いつもピシッとスーツを着ているんです。この業界では珍しいので、他に仕事があったのかなと思っていたんですけど、実は、作品や役者さんへの敬意から、そうしているそうなんです。

カッコいいですよね。舞台も映画もドラマも、何を書いても面白くて、毎回100点以上を出していて、常にそんな自分自身と闘っている。尊敬しています。

あと、三谷さんは本当に役者さんのことが好きなんだなと感じました。『ここはこう演じて下さい』というアドバイスもたまにありますけど、基本、多くは語らない。何も言わずに稽古を観ていて、放置しておいて、あとから『どう?』って聞いてくるような、Sっ気もあります(笑)。休憩時間には三谷さんから話しかけてくださったり、馴染みの俳優さんをいじり倒したりして。僕は三谷さんにほめられると、めちゃくちゃうれしい。三谷さんが笑ってるとうれしいというのはありますね」

 

その直後に本作のオファーがあったというから、三谷氏の瀬戸さんへの評価は、かなり高かったはず。

 

「また呼んでくださったのはそういうことなのかなと、実はすごくうれしいです。行きつけのカフェが一緒なんですよ、偶然。まだ1回もそこでお目にかかったことはないんですけど、店員さんが、『この間、三谷さんが来ました。瀬戸さんは来てますか?って、聞いてましたよ』って(笑)」

 

 

チャーミングなイケメン、だけじゃない。その清潔感、頭の回転の速さ、出しゃばらずにきっちり演じる品の良さ、舞台全体を俯瞰しながらそこにいる勘の鋭さ。三谷さんだけでなく、俳優としての彼の実力と魅力は、観客にも伝わってくる。

で、日本の歴史について。

 

「今まで、織田信長に仕えた森蘭丸とか、松下村塾の吉田稔麿(としまろ)を演じたことはあるんですけど、日本の歴史についてそこまで詳しいわけではないです。

でも、演じるにあたっていろいろ調べていくと、時代は変わっても、立場は違っても、みんな今の若者と同じように恋をしたり悩んだり、苦しんだり楽しんだりして生きている。なんだ同じなんだって、自分の悩みが小さなものに思えてきて。歴史の面白さって、そういうところにもあるんでしょうね」

瀬戸康史さん全身写真

再演にあたって、他の6人の俳優陣は継続キャスト。彼ひとりが新メンバーとして参加することになる。

 

「こういう形で、まるで転校生みたいに後から参加するのは初めてです。実は僕、どちらかというと受け身タイプで、新しい環境に飛びこんで行くのは、ちょっとドキドキなんです。身体も心も鍛えて、飛びこんで行きます」

 

どうやって身体と心を鍛えるのだろう? 続きをお楽しみに!

 

(ガッツリ取り組んでいるトレーニングについて語った、インタビュー後編はコチラ

 

 

『日本の歴史』

瀬戸康史「日本の歴史」ポスタービジュアル

卑弥呼や平清盛、織田信長など誰もが知る歴史上の偉人たちから市井の人々、テキサスの家族まで登場。長い歴史の中で繰り返される人間の営みが、キャッチーな音楽で紡がれる大河ミュージカル。

 

 

出演:中井貴一 香取慎吾 新納慎也 瀬戸康史 シルビア・グラブ 宮澤エマ 秋元才加

東京公演 2021年7月6日(火)~7月18日(日)新国立劇場 中劇場

大阪公演 2021年7月23日(金・祝)~7月30日(金)梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

企画・製作:シス・カンパニー http://www.siscompany.com/mitanisaien/

 

 

 

 

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR

Highlights今、気になる!

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル