OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/interview/265481/

85歳の戸田奈津子さんと97歳の村瀬実恵子さん。知的で元気なふたりの共通点は?(インタビュー/前編)

この先、いつか足を踏み入れるはずの60代、70代、80代、そして90代と、その先も。

私たちはいったいどんなふうに、その世代を迎えるのだろう?

老いをどう楽しみ、受け入れるのだろう?

そんな疑問に答えてくれる、素敵な本が誕生した。

85歳の戸田奈津子さんと、97歳の村瀬実恵子さん。

東京とニューヨークに住むふたりが、Zoomを通して語り合った対談集だ。

そこには、これからの人生を生き抜くヒントが、いっぱい詰まっていた!

 

撮影/萩庭桂太 取材・文/岡本麻佑

戸田奈津子さんポートレート正面

戸田奈津子さん
Profile

とだ・なつこ●1936年7月3日、東京都出身。津田塾大学英文科卒。映画字幕翻訳者・通訳。フランシス・フォード・コッポラ監督の『地獄の黙示録』で本格的に字幕翻訳者としてデビュー。数々の映画字幕を担当。洋画字幕翻訳の第一人者としての地位を確立。ハリウッドスターとの親交も厚い。

 

ニューヨークで出会ったふたり

 

映画の字幕翻訳者として、第一線で活躍してきた戸田奈津子さんと、コロンビア大学美術史教授、メトロポリタン美術館特別顧問を歴任され、日本美術の素晴らしさを世界に紹介してきた村瀬実恵子さん。

自分の好きなこと、やるべきことを見つけて、ひたすらその道を突っ走ってきた、まさにレジェンドのおふたり。そもそもの出会いは、ほんの3~4年前、戸田さんがニューヨーク旅行中のこと。

 

「親しい友人ご夫婦と、一緒に食事することになったんです。そのとき、ぜひ紹介したい人がいるからって、引き合わせていただきました。90代でピンヒールを履いてニューヨークの街を歩いているなんて聞いたら、会わずにいられないでしょ(笑)。

実際にお話ししてみたら、知的でフランクなお人柄で、おしゃれで素敵な方。あのお年でニューヨークでひとり暮らし、かくしゃくとしてらしてね。

有名なオイスターバーの、お得な時間帯のハッピーアワーに待ち合わせしたんですけど、ワインも牡蠣もよく召し上がるし、話は面白いし。何をしてらした方なのか、まったく存じ上げなかったので、後からすごい方だと知って、びっくりしたんです」

 

その後も何度か食事をして、おふたりはすっかり意気投合。

 

「私のほうがひとまわり年下で、生きてきた世界も違いますけど、考え方とか生きる上での心構えとか、とても似ていると思うんです」

 

ふたりとも人生を通じて、やりたいことをやってきた。

 

「私は、字幕翻訳以外にやりたいことがなかった。他に選択肢がなかったの。だから40歳くらいまでチャンスが回ってこなかったけど、すぐに仕事がないのは覚悟の上でした。

でもね、みなさんが思っているほど、形相を変えて頑張ったつもりはないの(笑)。村瀬さんのほうが、アメリカという異国で日本人女性ひとり、いろいろ苦労なさったと思いますよ。あまり自分からはおっしゃらないけど。

この本にあるのは彼女のすごい人生の、ほんの一部、これっぽっち。無駄に90何年生きてらしたわけじゃなくて、すごい積み重なったものをもっていらっしゃるから、お話ししていて楽しいの」

 

さらにふたりの似ているところが、もうひとつ。

 

「ふたりとも自分のことをラッキーだと思っていることね。苦労を売り物にしないで(笑)。ライトタイム、ライトプレイス。いい時代にいい場所に居合わせたと思っています。

戦争というとんでもない時代もあったけれど、あれを経験しているから、コロナ禍の自粛生活なんて平気だったわ。食べるものがあるし、上から爆弾が降ってくるわけじゃないし。

戦争が終わってからの日々も、今ほど便利じゃないし貧しい時代もあったけど、今よりずっと、世の中に余裕がありました。何かあったら立ち止まって考えたり、辺りを見回す時間があったの。今の人たちにはそれだけの余裕があるのかなって、ちょっと心配になります」

戸田奈津子さん 全身写真

そして、年齢を重ねた、今。ふたりにはさらなる共通点が。

 

「村瀬さんも私も、おいしいものを食べるのが好きだし、気心の知れた仲間とおしゃべりするのが大好き。

この歳になると、まあ、どこに行ってもその場の最年長だったりするのだけれど、見上げられるのって、居心地が悪いのね。『先生、先生』ってまつりあげられるのが私、大嫌いなんです。

村瀬さんも同じこと、言っていたわ(笑)。彼女とは同じ目線で、ざっくばらんに本音で話せるから、心地良いんです」

 

 

そう、ここが、この本のチャームポイント。

ふたりともビッグネームにもかかわらず、全然偉そうじゃない。つらい時代を生き抜いてきたはずだけど、全然お説教臭くない。

ここに来るまで、困難や不条理なこともあったはずなのに、そんなことはさらっと忘れて、話の内容はとことん、冷静でポジティブ。

 

ファッションのこと、打ち込んできた仕事のこと、人とのつきあい方などなど、語る言葉の端々から、私たちに必要な、生きる上でのいろんなヒントが転がり出してくる。

借りてきた言葉ではなく、長い人生を経てこぼれだした言葉だからこそ、私たちの胸の奥に、ズキュンと届く。

 

それにしても驚くのは、おふたりがとても元気でアクティブ、積極的に人生を楽しんでいること。老後の人生を充実させてくれるのは、やっぱり、健康だ。

 

「本当にそう思います。なによりも大切ね! その点、私はラッキーだと思います。今まで病気したことないし、更年期も気付かずに過ぎていきました。

今も年2回、ちゃんとドックにいっているけど、医者も驚いています。この年齢で検査値がすべて正常な人は、滅多にいません、て(笑)」

 

85歳の戸田さんの、この驚異的な健康は、いったい何からできているのか。さらに楽しいお話は、後半に続く!

 

(戸田さんが、自身の驚異的な健康の秘訣について語ったインタビュー後編はコチラ

 

『枯れてこそ美しく』

戸田奈津子「枯れてこそ美しく」カバー

著者:戸田奈津子 村瀬実恵子(集英社 1430円)

https://books.shueisha.co.jp/items/contents_amp.html?isbn=978-4-08-781706-5

映画を通じて海外の文化を日本に紹介し続ける85歳の字幕翻訳家と、日本美術の素晴らしさを世界に広めてきた97歳の元メトロポリタン美術館特別顧問。人生の達人ふたりによる“生きるヒント”がいっぱいつまったスペシャル・トーク!

 

村瀬実恵子 むらせ・みえこ●1924年樺太生まれ。東京女子大学英文科卒。コロンビア大学美術史考古学部教授、メトロポリタン美術館東洋部日本美術特別顧問などを歴任。2010年瑞宝中綬賞。親交のあった日本美術収集家、メアリー・バークの収集をサポート。展覧会の企画、監修などでも活躍。

 

 

今すぐチェック!

高めの血圧、内臓脂肪が気になる! 食事会が続く年末年始はカラダにいいものを巡らせて

高めの血圧、内臓脂肪が気になる! 食事会が続く年末年始はカラダにいいものを巡らせて

supported by 花王

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル