HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/interview/344290/

健康体操とヨガで不調知らずの小林聡美さん(インタビュー/後編)

突然の、歌手活動。4月、2デイズ4ステージのコンサート開催を発表した小林聡美さん。

チャッピー小林という歌手名で、ディープな昭和歌謡を歌いまくるという。

もともと、さまざまな趣味や習い事に挑戦してきたし、日々の暮らしや思いを書き連ねたエッセイは大人気。著書もたくさん出している。

マイペースに人生を楽しむ、その好奇心と体力の秘密を尋ねてみた。

 

(小林さんの歌や声についてのインタビュー前編はコチラ

 

撮影/露木聡子 ヘア&メイク/北 一騎 スタイリスト/藤谷のりこ 取材・文/岡本麻佑

小林聡美 OurAgeインタビュー

小林聡美さん
Profile

こばやし・さとみ●1965年5月24日生まれ、東京都出身。1982年映画『転校生』(大林宣彦監督)の主演でフィルムデビュー、日本アカデミー賞新人賞を受賞。ドラマ『やっぱり猫が好き』『すいか』、映画『かもめ食堂』など、独特の雰囲気と精緻な演技で幅広い支持を集めている。2014年の映画『紙の月』では日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。

 

体を鍛えて喉を鍛えて、チャッピー小林はステージに立つ!

「ステージに立ってずっと歌う、声を出すって、すごく体力を消耗するらしいですね。歌う方はアスリートと同じだって聞いています。でも私は昔から持久力には縁がないですし、マラソン大会とか怠けてばかり。

アスリートって、私から一番遠いものなんです(笑)。ですから今はとりあえず体を鍛えて喉を鍛えて、トレーニングしないと、ですね」

 

もともと音楽への関心は高かった。20代の頃から趣味としてウクレレやクラリネット、三味線を習っていたことも。

 

「基本的に、音楽は好きだと思います。でもね、ウクレレは『そういえばやってたなー』という程度ですし、クラリネットもひとりで練習していると、『何が楽しいんだろう?』って、ふと思ったり(笑)。

みんなで合奏するから楽しいのであって、何も目的がないのにひとりで楽器をくわえて練習していて、『これってどうなんだろう?』と。そう思ったら急にやる気が萎えてしまいまして(笑)」

 

トライ&エラーで終わってしまうこともあったとか。でもここ数年はピアノのレッスンを受け始めたらドハマリし、現在はバッハの曲などを練習中。

 

「ピアノはね、今のところ、別に目標なんかなくても、『できるところまでやれればいいや』と思いながら気楽にやっています。楽しいです。

でも人に見られていると、途端に下手クソになるんですよ。人前だけじゃなくて、『ここまでできたからスマホで記録しておこう』と動画を撮ろうとカメラをセットすると、それを意識するだけで手が動かなくなるのにはガックリです」

小林聡美 OurAgeインタビュー 目線なし

自分に合う楽器、自分に合うやり方、楽しみ方が見つかるまで時間がかかる。それは体力作りも同じこと。

 

「40代の頃は、『歩いていればいいかな』と思って、ウォーキングぐらいしかしていませんでした。

そのうちだんだん体が固まるような気がしてきて、『何かしなくちゃ』と思ったんですけど、ジムに行くのは苦手なんです。なんでしょうね? 行くまでの準備で疲れちゃう。

 

50歳くらいから、『何か体を動かす体操みたいなものをやりたい』と思ったけど、なかなか良いのが見つからなくて。知人にそんな話をしたら、その人がやっている『健康体操がいいよ』と教えてもらって」

 

体験教室に行ってみた。すると。

 

「なんか、調子が良くて。なんでも日本で最初に考案された健康体操だそうで、体中の巡りが良くなるような気がします。

お仲間は60代、70代の先輩方が多くて、みなさんお元気なんですよ。月に2回ほど、講習会に行って皆さんとひと汗かいてます。

 

普段は毎日自宅でひとり、10分から15分かけて。呼吸法も入っているし、ストレッチみたいな動きから、足をバタバタやったり膝をついたまま倒れたり、アクロバティックな動きも流れに入っていて、真面目にやるとけっこうキツイけど、気持ちいいんです。

 

毎朝、目が覚めてお茶を飲んでから、『さて』と、やります。こういうのって『やらないと気持ち悪いと感じるくらいまでやるのよ』ってよく言われますけど、今は本当にそういう感じです。普通に、気負いなく、やるのが当たり前みたいな。

 

講習会に行ってやるときも、近所なので、私は自宅から体操着を着て行って、そのまま帰ってくる。そういうのも気軽で、だから続いているのかもしれません」

 

 

さらにヨガも週に1回、リモートで続けている。

 

「健康体操のほうは、『1、2、3、4』と、みんなで号令をかけながらやったりするので、こう、気が上がる感じです。で、ヨガは気持ちが落ち着く感じ。別物ですね。だから両方続けられるのだと思います」

 

更年期も、いつのまにか過ぎていた。

 

「気分的に落ち込むこともなかったですし、そんなにひどくなかったです。ウチの母親が更年期の頃、『頭がしびれる』とか言っていたので、私もそうなるかと恐れていたんですけど、ホットフラッシュみたいなのがあったくらいで。

対策としては、意識的に豆乳をたくさん飲んでいました。健康体操とかヨガで自律神経を整えていたのが良かったのかもしれません」

 

そして疲れたときは、とにかく睡眠。

 

「寒くなる早い時期から湯たんぽを使っています。銅製の、昔ながらのあれにお湯を沸かして入れて、タオルにくるんで。ぐっすり眠れます」

小林聡美さん OurAgeインタビュー 上半身

あれこれ迷って試して挫折して、好きなものだけ続いていく。やってみなくちゃ自分に合っているかどうかわからない。だから、どうしても気になることは、やってみる。

 

40代半ばからの大学進学も、そんなふうに始まったことらしい。

 

そもそもは落語の面白さを知って日本文化の奥行きの深さを知り、大学で学ぶうちに俳句にも興味を持ち、友人たちと句会を開くようになったという。ドアを開いたらその先に、さまざまな楽しみが待っていた。

 

「20代、30代の頃から、なんとなく気にはなっていた分野なんです。『どうだろう? 面白そうだな』って思う期間がずっとあって、若いうちは忙しくて難しかったけど、年齢を重ねて、ちょっと時間ができたタイミングで、『今か? じゃあ、やっちゃおうかな』と」

 

4月に予定しているコンサートも、「やっちゃおうかな」から始まった一大イベント。歌手・チャッピー小林がいったいどんなステージを見せてくれるのか、楽しみが止まらない!

 

『小林聡美 NIGHT SPECTACLES チャッピー小林と東京ツタンカーメンズ』

小林聡美 コンサート メインビジュアル チャッピー小林と東京ツタンカーメンズ

WOWOWが手がける、俳優によるコンサートシリーズ第2弾。小林さんの“体に染みこんでいる昭和歌謡”をテーマに選曲、演出は小泉今日子さんが担当する。ゲストに阿部サダヲさんが出演。

2024年4月6日(土)、7日(日)  神奈川県横浜赤レンガ倉庫1号館3F イベントホール(各日2公演  計4公演)

https://chappy-kobayashi.com

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第36回/小林聡美さんが昭和歌謡のコンサート!?(インタビュー/前編)

次の記事>

次の記事>
第38回/中谷美紀さんインタビュー「この先の更年期も老化も、学んできた栄養療法できっと乗り…

この連載の最新記事

母の介護、脳動脈瘤手術…40代~50代のハードな日々を乗り越えた戸田恵子さんの今(インタビュー/後編)

第40回/母の介護、脳動脈瘤手術…40代~50代のハードな日々を乗り越えた戸田恵子さんの今(インタビュー/後編)

増田貴久さんとの「いつか」がかなった戸田恵子さん(インタビュー/前編)

第39回/増田貴久さんとの「いつか」がかなった戸田恵子さん(インタビュー/前編)

中谷美紀さんインタビュー「この先の更年期も老化も、学んできた栄養療法できっと乗り越えられる」

第38回/中谷美紀さんインタビュー「この先の更年期も老化も、学んできた栄養療法できっと乗り越えられる」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル