OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/lifestyle/201552/

桜と春のおもてなし

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る

暖かな陽射しが射し込む日が多くなり、春の訪れを感じるようになりました。
先日花屋さんで桜を見かけたので、迷わず手に取りお持ち帰り。

 

家ではしっかりとした長めの枝ぶりを活かすよう、深いガラスのフラワーベースに生けました。
枝の切り口を十文字にカットすることで水を吸いやすくなり、水はあまりたっぷり入れず浅めを心掛けると、長持ちすると思います。そして暖房などが直接当たらない風通しのよい場所に飾ることをオススメします。

一緒に合わせた動きのある枝ものは、こでまり。

 

こちらも春代表の花でバラ科に属し、別名テマリバナとも言われているそう。
長く弓なりに弧を描いた枝に、小さく鞠のような花をたくさん咲かせる姿は、とても愛らしく可愛らしいです。

こでまりの薄緑の葉は小さいながらも存在感があり、桜との相性も抜群。
日にちが経つと花びらや葉がひらひらと落ちていくのですが、その姿も風情があり美しいものです。

今年の桜は3月中旬頃から開花する予定だそうですが、今年もキレイな桜並木が見られればいいな・・・と思います。

 

さて3月のおもてなしは、お客様のリクエストでメニューを決めました。
華やかなローズピンクのクロスをしいて、女子会ランチパーティーの始まりです。

真鯛のカルパッチョ。
魚を出来るだけ薄くスライスし、上にはセロリの葉を散らしました。爽やかな風味が魚やビネガーととても合うのですよ。

ローストポークとグリル野菜。
塩麹に漬け込んだ豚肩ロースをさまざまな野菜と一緒にオーブンで焼き上げます。麹に漬け込むことで肉がとても柔らかくなり、味も染み込むのでオススメ。

コンソメスープで炊き上げたご飯に、たっぷりのクレソンとモッツァレラチーズをトッピングして、バターと一緒によく混ぜていただきます。
余熱でとろりと溶けたチーズが絶品のおいしさです。

ミルクの優しい風味が特徴のパンナコッタには、苺とキウイ、ブルーベリーをトッピング。甘酸っぱいフルーツとの相性バッチリ!です。

 

おいしく楽しくいただきました。

 

末森陽子

ブログ 「la fleur ラ・フルール」 http://lafleury.exblog.jp/

インスタグラム yoko_suemori

 

 

 

今すぐチェック!

40~50代、”マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

40~50代、”マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

PR
<前の記事

<前の記事
第71回/ヒヤシンスとデコレーション寿司…

次の記事>

次の記事>
第73回/息子からのミニブーケと3月のつくりおき…

この連載の最新記事

ガマズミとわが家のホットプレート料理

第86回/ガマズミとわが家のホットプレート料理

ケイトウと塩漬け料理

第85回/ケイトウと塩漬け料理

秋の花と、息子と私のお弁当

第84回/秋の花と、息子と私のお弁当

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル