OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/more/224009/

家事をしてくれない夫にモヤッ・・・、精神科医の水島広子さんがお答えします!/心の曲がり角ののりこえ方②

夫婦ともに在宅勤務なのに、夫が家のことを一切してくれない――。仕事や子育てで多忙だった頃には見て見ぬフリをしていたけれど、OurAge世代になるとそうもいかなくなってくるのが「夫のこと」。長年一緒に暮らしてきた相手だからこその愛憎劇。老後まで仲良く一緒に暮らすにはどうしたらいいのでしょうか?

 

Q 家事をしない夫にモヤッとします

 

コロナの影響で夫婦ともに在宅勤務になりましたが、夫が家のことを一切しないので腹が立っています。今までは私のほうが帰宅時間が早かったので仕方ないと思っていましたが、今は通勤もなく、平等に働いているはずなのに。

 

以前は疲れた日などに外食することもありましたが、今は自炊中心なので、私の家事の負担も増えています。(45歳・公務員)

 

お悩みに答えてくれる人生賢者は

水島広子さん
Hiroko Mizushima

精神科医。対人関係療法専門クリニック院長。元衆議院議員。日本における対人関係療法の第一人者として臨床に応用するとともに、その普及啓発に努めている。『女子の人間関係』など著書多数

 

 

A 「お願いプラス褒める」作戦で、ミッションコンプリート!

 

ウィズコロナの時代らしいお悩みですね。理屈で考えれば「夫も通勤時間がないんだから、その間に家事ができるよね」という話ですが、「これまでしてこなかった人が家事をする」というのは、実は結構ハードルが高い。

 

誰でもそうですが、これまでやってこなかったことを急に習慣にしろと言われても、適応するのは大変です。

 

だからまずは適応のハードルを下げることが大事です。食事中に「おしょうゆ取って」くらいの些細なことから始めて、「ごめん、これからリモート会議だから皿洗い、お願いしてもいい?」などと少しずつハードルを上げていく。

 

 

実は男性は“課題達成型”で、課題を与えられ、それが「できた!」というところに喜びを感じる人が多いんです。だからお願いされたことは、わりとちゃんとやってくれるはずです。

 

さらに男性は、自分がその課題を「ちゃんとこなせたか」にすごく敏感なので、やってくれたことに対しては「ありがとう!」「私が洗うよりお皿ぴかぴかじゃない!?」と、大げさなくらい褒めることが大事です。「えーっ! そこまでやらなきゃいけないの!?」と頭にくる女性もいるでしょうね(笑)。

 

もちろん本当は「やって当然」ですが、そういう態度をとると、夫は「本来やるべき仕事を自分ができてなかった」と突きつけられた気がして、かたくなになったり攻撃的になったり、元気がなくなったりします。

 

男性が女性の不機嫌をすごく嫌うのは、自分がちゃんとできていない証拠のように感じるからなんです。

 

勝ち負けではないですが、結果として夫に家事をやらせることができたら作戦成功。だから面倒でも男女の違いを理解して、「実」を取りましょう。きっぱり割りきって「実」を取りに行く計算高さも、女性ならではの長所です。

 

 

イラスト/坂本奈緒 取材・原文/佐藤裕美、本誌編集部

 

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第2回/思いやりのない夫 と別れたい・・・、看護師・僧侶の 玉置妙憂さんが 悩みにお答えします!/心の曲がり角ののりこえ方①…

次の記事>

次の記事>
第4回/ミニ四駆に釣りのルアーなど、夫の収集癖にうんざり…。そんなお悩みに地曳いく子さんがお答えします!/心の曲がり角ののりこえ方③…

この連載の最新記事

「コロナ禍で不倫相手に会えません」一条ゆかりさんの回答は/心の曲がり角ののりこえ方⑫

第13回/「コロナ禍で不倫相手に会えません」一条ゆかりさんの回答は/心の曲がり角ののりこえ方⑫

「50歳。老化する容姿をどうすれば…」地曳いく子さんのお答えは/心の曲がり角ののりこえ方⑪

第12回/「50歳。老化する容姿をどうすれば…」地曳いく子さんのお答えは/心の曲がり角ののりこえ方⑪

「相談できる友達がいません」「反抗期の子供が心配です」精神科医の水島広子さんのお答えは/心の曲がり角ののりこえ方⑩

第11回/「相談できる友達がいません」「反抗期の子供が心配です」精神科医の水島広子さんのお答えは/心の曲がり角ののりこえ方⑩

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル