OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/more/224190/

「コロナ禍で不倫相手に会えません」一条ゆかりさんの回答は/心の曲がり角ののりこえ方⑫

自由な時間に楽しみを見つけられない人、不倫相手との遠距離恋愛を憂う人など、読者のお悩みは十人十色。年齢を重ねたからといってラクにならないのが人生ですね…。心の重しを取り除いてくれる人生賢者の回答は、人生を前向きに照らしてくれるはず!

 

Q コロナで不倫相手と会えません

 

遠距離不倫して3年。夫では満たされない心と体を彼は満たしてくれます。でもコロナの影響でうかつに会えなくなってしまいました。へたに感染したらバレてしまうし、もう一生会えないかもと思うと不安と不満でいっぱいに。万が一、私がコロナで死んでも相手には伝わらないと思うと、それもストレスです。(58歳・自営業)

 

お悩みに答えてくれる人生賢者は

一条ゆかりさん
Yukari Ichijo

漫画家。50年にわたり、数々のヒット作を生み出し続けた少女漫画界の女王。代表作に『デザイナー』『有閑倶楽部』『プライド』など。 OurAgeでの連載『一条ゆかりの今週を乗り切る一言』も大好評

 

A 不安や不満もいい刺激に。ヒロイン気分を味わおう!

 

ほかのお悩みと明らかにテイストが違いますね。もう会えないかもしれないと悲嘆に暮れつつ、心の中は燃えている…いいんじゃないですか。

 

ちょっと緊張感あるし、悲劇のヒロイン気分も味わえる。この人、きっとキラキラしてると思う。健康的な気すらしてきた(笑)。

 

不安や不満もあるでしょうが、それは刺激ということで。この年になると、たいてい毎日がつまらなくて、なめくじのように生きている人も多い。

 

それに比べたら、なんて満たされているんだろうと思います。ボケ防止にもなっていいと思うので、会えないドキドキを存分に味わってください。

 

 

 

Q 自由な時間、楽しみが欲しい!

 

幼い頃から厳しいしつけのもとで育てられたので、自由や楽しみをあまり知りません。結婚し、出産してからも「主婦が出歩くな!」というモラハラ旦那に振り回されてきました。最近はストレスでなかなか寝つけないし、イライラするばかり。自由な時間、友達に簡単に会える時間が欲しいです。(54歳・専業主婦)

 

お悩みに答えてくれる人生賢者は

一条ゆかりさん
Yukari Ichijo

漫画家。50年にわたり、数々のヒット作を生み出し続けた少女漫画界の女王。代表作に『デザイナー』『有閑倶楽部』『プライド』など。 OurAgeでの連載『一条ゆかりの今週を乗り切る一言』も大好評

 

A 今や家でできないことはない。リモートで自由を満喫しましょう

 

「主婦は出歩くな」と言うなら、友達を呼んでお茶するのはダメなのかしら。最近だったらZoomやスカイプでもつながれるわよね。

 

したいことを全部家でできるようにするために、まずはパソコンをマスターしましょう! 今や家でできないことは何もないですからね。

 

友達とおしゃべりするもよし、家でできるアルバイトを探して小銭を稼ぐもよし。私なんてYouTubeを見るのに忙しくて大変よ(笑)。

 

価値観を共有できる人とつながれば自分のテリトリーも広がるはず。「自由がない」と言うけれど、旦那が家にいない時間は全部自由な時間。思いきり楽しもう!

 

 

イラスト/坂本奈緒 取材・原文/佐藤裕美、本誌編集部

 

 

<前の記事

<前の記事
第12回/「50歳。老化する容姿をどうすれば…」地曳いく子さんのお答えは/心の曲がり角ののりこえ方⑪…

この連載の最新記事

「コロナ禍で不倫相手に会えません」一条ゆかりさんの回答は/心の曲がり角ののりこえ方⑫

第13回/「コロナ禍で不倫相手に会えません」一条ゆかりさんの回答は/心の曲がり角ののりこえ方⑫

「50歳。老化する容姿をどうすれば…」地曳いく子さんのお答えは/心の曲がり角ののりこえ方⑪

第12回/「50歳。老化する容姿をどうすれば…」地曳いく子さんのお答えは/心の曲がり角ののりこえ方⑪

「相談できる友達がいません」「反抗期の子供が心配です」精神科医の水島広子さんのお答えは/心の曲がり角ののりこえ方⑩

第11回/「相談できる友達がいません」「反抗期の子供が心配です」精神科医の水島広子さんのお答えは/心の曲がり角ののりこえ方⑩

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル