OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/travel/203486/

「星野リゾート リゾナーレ那須」滞在記① アグリツーリズモって?編

板倉由未子(いたくらゆみこ)

板倉由未子(いたくらゆみこ)

トラベル&スパジャーナリスト

出版社の編集者を経て現職に。世界を巡り、女性誌、会員誌、ウェブを中心に、土地に息づく文化、癒し、美、食をテーマに旅企画を手掛ける。世界各地のスパや療法、健康&美容法をテーマにしたトークショーなどにも出演。「スパは土地の文化を凝縮した空間。肌で土地を味わえば、旅はいっそう豊かに」。またイタリア愛好家で、各州の人々と食を取材した『イタリアマンマのレシピ』(世界文化社刊)を構成&執筆。HPはhttps://www.yumikoitakura.com

※取材は、20年2月に実施しました。

 

こんにちは、板倉由未子です。

2019年11月1日、栃木県・那須町にオープンした

「星野リゾート リゾナーレ那須」へ行ってきました。

東京駅から新幹線を利用し、那須塩原駅までは約70分。

駅からリゾートへはシャトルバスに乗り40分ほど。

一歩足を踏み入れた途端、澄み切った空気に、気分が一新します。

 

日本初の「アグリツーリズモリゾート」

リゾートは、那須岳の山裾標高500mにあります。

天然の森を活かした4万2000坪ものの広大な敷地内で、

地域の生産活動に触れる体験を楽しむ、

日本初の「アグリツーリズモリゾート」を展開しています。

アグリツーリズモとは、イタリア語でアグリトゥーラ(農業)と

ツーリズモ(観光)を合わせた造語で、農業と地域の触れ合いを楽しめる農園ホテルのこと。

私は長年イタリアを愛し行き来。特にある4年間は、各州に住む人々の暮らしと

食文化と生活を取材&執筆していました。

当時、アグリツーリズモにもよく滞在してきたので、

ここを訪れる日を楽しみにしていました。2泊以上で滞在するのがベストですが、

今回は1泊2日でも楽しめる滞在プランをお伝えします!

 

自然を身近に感じながら、リラックスできる客室

リゾートは全43室で、本館と別館に分かれています。

内装は「リゾナーレ」の八ヶ岳や熱海と同じ、

自然を身近に感じられる、和める空間づくりが得意な

「クライン ダイサム アーキテクツ(KDa)」が手掛けています。

 

今回滞在したのは、本館の「デラックス メゾネット」(62㎡ 定員4名)。

那須に生い茂る木々をイメージしたグリーンを基調とした室内は、

さわやかで居心地がよく、くつろげます。

1階のリビングには、バーテーブルやソファーの他テラスもあり、

いろいろな角度から、正面に広がる田んぼを眺めるとノスタルジックな気分に。

階上には寝室と、のびのびとヨガをできそうな広い屋上テラスがあります。

 

心身を落ち着かせてくれる名湯とスパ

少しくつろいだら大浴場へ。内湯と森の風を感じる外湯があります。

那須温泉は、古くから湯治場としても知られた、

那須連山のひとつ茶臼山がもたらす火山性の温泉です。

中性の含硫黄 – カルシウム・マグネシウム – 硫酸塩温泉は鎮静作用があるので、

高血圧や自律神経を整えてくれます。切り傷や火傷の皮膚病にも効果が。

入ったそばから、肌がしっとりします!

隣接するスパでは、那須をイメージした、土(クレイ)もしくは牛乳(ヨーグルト)を

使ったトリートメントを体験できます。

デトックスを試みたいなら、ボディとフェイシャルを組み合わせた

「スタンダードフルトリートメントクレイ」(90分¥19,600  税・サ別)がおすすめ。

まずは、4種類から選べるアロマオイルで、ジェントルなタッチのボディマッサージ。

続くフェイシャルでは、クレンジングの後にクレイ入りのジェルパックが施されます。

パック中には、デコルテやヘッドのマッサージもあり、

この時期何かと緊張したり、運動不足だった体がほぐされラクに。

 

※現在、新型コロナウイルスの影響で、スパは休業しています。

 

 

力強い那須野菜を満喫できるトスカーナ料理のフルコース

夕食はメインダイニングの「OTTO SETTE NASU」で。

地元の生産者が育てた生産物に加え、敷地内のアグリガーデンで採れた

野菜やハーブを使った、イタリア中部・トスカナ―州の郷土料理の

フルコース(1人¥13,000 税・サ別)が提供されます。

 

印象的だったのは、

シグネチャーディッシュのひとつ

「農園のピンツィモーニオ(イタリアのスティックサラダ)」。

約30種類の野菜、那須産のハムが盛られたお皿に、

目の前でスライスされたプロシュートが添えられます。

バーニャカウダソースにパプリカのソースは、力強い那須野菜に合います。

ソムリエがおすすめのミネラルを感じる

マルケ州のロザート(ロゼ)もぴったり! 食欲が増します。

 

 

そしてメインの「熟成肉のビステッカ」。

白カビで熟成した牛肉は旨み十分。

タンニンが強くパワフルなウンブリア州のサグランティーノ種の赤ワインで、さらに奥深い味わいに。

 

夕食後、部屋への帰り道に夜空を眺めると、あふれんばかりの星が輝いていました。

 

後編は滞在2日目。農作業を始めとした、アグリツーリズモリゾートならではの体験について

詳しくリポートします! 続く。。。

 

文・写真/板倉由未子

 

 

DATA

星野リゾート  リゾナーレ那須

栃木県那須郡那須町高久乙道下2301
電話0570-073-055(リゾナーレ予約センター)
1泊¥21,000~(2名1室利用時1名あたり、税・サ別 朝食付き)

 

 

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル