HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/travel/273860/

東京のクラシックな佇まいのホテルで結婚記念日を過ごしてみたら…

小野アムスデン道子

小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

OurAgeインタビュー/人生がちょっと変わるような「気づきの旅」を届けたいはこちら

記事一覧を見る

小野さん連載_ウェスティン東京_ロビー

 

こんにちは、小野アムスデン道子です。記念日には思い出と紐付いた場所で過ごしたいもの。私は「ウェスティンホテル東京」がオープンした1994年に、恵比寿に引っ越してきました。恵比寿ガーデンプレイスも同年の開業で、思い出の地でもあり、それぞれが周年を迎える度に「自分も恵比寿で何周年」という感慨にふけって来たものです。

 

今は、オレゴン州ポートランドと行き来をしているのですが、ちょうど昨年、夫が来日している折に結婚記念日を迎えたので、何度も訪れているけど宿泊をしたことがなかったウェスティンホテル東京に食事の後、そのまま泊まることにしました。すると、さすがヨーロピアンクラシックな佇まいでは群を抜くホテル、ご近所だとはとても思えない非日常な滞在が楽しめました。

 

小野さん連載_ウェスティン東京_エントランスの馬車

 

ホテルの前に停めてあったのは、ウェディングの時のパレードの馬車。花婿が手を添えて花嫁が馬車に乗り込む、素敵な後ろ姿を見たのを思い出し、甘酸っぱい気分になりました。大理石の円柱が立つ重厚なフロア、ブルーの絨毯が敷かれた螺旋階段がある華麗なロビーは、アンピール様式というナポレオン一世の帝政時代スタイル。

 

この吹き抜けの大空間は、いつ来ても一瞬にしてヨーロッパを訪れたような気持ちにさせてくれます。館内にふんわりと漂うホワイトティーの香りと、クラシカルな絨毯が敷かれた廊下もウェスティンホテル東京らしさが溢れています。

 

小野さん連載_ウェスティン東京_クラブフロア廊下

小野さん連載_ウェスティン東京_クラブフロア客室
小野さん連載_ウェスティン東京_クラブフロア客室からの夜景

 

今回泊まったのは、クラブフロアのダブルの部屋。リビングスペースの向こうには恵比寿の夜景が広がり、私たちの部屋からは輝く東京タワーも見えました。住んでいる街がまったく別の表情に見えます。

 

小野さん連載_ウェスティン東京_客室

小野さん連載_ウェスティン東京_バスルーム

 

落ち着いたインテリアの客室は、独立して部屋に置かれたスーツハンガーや3面鏡台、コーナーに置かれたデスクとランプなどクラシカルな家具が、これまたヨーロッパの邸宅の部屋のよう。黒大理石のシックなバスルーム、ツインボールのゆったりしたパウダールームと、なんとも贅沢です。

 

小野さん連載_ウェスティン東京_ディナー

小野さん連載_ウェスティン東京_日本料理「舞」個室

 

夕食の前にクラブラウンジで、スパークリングワインで記念日の乾杯。ホテルのクラブフロアは、バーとはまた違う特別感もあってまたいいもの。コロナ禍もあって、アペダイザーは小箱に入れられたものからチョイス。久々にゆっくり夜景を見ながら晩酌の時間を過ごしてから夕食へ。

 

ウェスティンホテル東京は、フレンチ、鉄板焼き、中華と質の高いレストランが揃っているので迷いましたが、せっかく日本にいるのでということで、日本料理の「舞」へ。プライベートに楽しめる個室があってよかったです。

 

小野さん連載_ウェスティン東京_日本料理「舞」白子の椀物

小野さん連載_ウェスティン東京_日本料理「舞」お刺身

小野さん連載_ウェスティン東京_日本料理「舞」水菓子

 

お料理は、冬の味覚ふぐを”白子の椀もの”、”刺身や湯引き”と様々に堪能しました。最後に水菓子には、上品な鶴亀の水引の飾りが添えられていて、うれしい思い出になりました。こんな記念日に合わせてのおもてなしも嬉しいですね。

 

都心のホテルだと、食事をしてから帰宅してしまうことがほとんどでしたが、今回は25周年ということもあってそのまま宿泊することにしました。

 

とても特別な記念日の過ごし方ができました。

ウェスティンホテル東京

 

取材・文 / 小野アムスデン道子

 

今すぐチェック!

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第132回/冬の京都、大人のきれい旅② 知らなかった“うるわしの祇園”へ探検に!…

次の記事>

次の記事>
第134回/名建築の街「松本」でおいしいものを味わったら、扉温泉へ…

この連載の最新記事

新開業ホテル@京都で世界初のスパブランドを体験 !

第141回/新開業ホテル@京都で世界初のスパブランドを体験 !

リゾートに行きたくなる足先に! 「ザ・リッツ・カールトン東京」で極上フットケアを

第140回/リゾートに行きたくなる足先に! 「ザ・リッツ・カールトン東京」で極上フットケアを

軽井沢のニューホテルでタイの伝統的マッサージを満喫!

第139回/軽井沢のニューホテルでタイの伝統的マッサージを満喫!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル