HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/190116/

ちょっとスネて、サッと終わらせる。それがかわいい女のやり方です/一条ゆかり

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説あまたあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載では先生の数多くの名言から、特にOurAge世代向けの言葉をピックアップ。込められた”愛とムチ”の意味を、解説いただきます!

記事一覧を見る

サッと終わらせるのは、じつはすごく難しいですよね。たいていは、ずーっとスネて、文句言いつづけるというパターン。終わったことをいつまでもネチネチ蒸し返して、「あのとき、あなたはこう言っていたのに……」と過去をほじくり返すという。とくに自分が完璧にやっていると思っている女性ほど、「私は頑張ってるのに、なんであなたはそうなの!?」と思うので、サッと終わらせることができません。

 

でもね、スネるというのは、ちょっとだとかわいいけれど、多いとすごく面倒臭いんですよ。一方、男たちは、仕事や人づきあいでひどく疲れていて、女性の文句を受け止める体力も持久力もありません。その上、恋愛に対する熱量が女性の10分の1くらいしかないんですよ。

 

女の人は、星占いを見ては、彼のことを思い出したり、仕事をしながらでも考えたりするものですが、男の人は、もっと淡白で、脳みそにおける恋愛の割合が圧倒的に少ない。

 

夫婦になるともっと減って、「妻のこと=ご飯のこと」だったりしますからね(笑)。だから「好きだと言って」「私をかまって」と女の熱量で男をおいかけたら、男は逃げてしまいます。

 

ここはひとつ、ぐっとこらえてサッと終わらせるように心がけましょう。その代わり、グチ日記をつけて、夫や彼への文句を吐き出すことをおすすめします。イラついていたことも書くことで、「よく考えてみたら、たいしたことなかったわ」と客観性をもって考えることができるはず。

 

たいていの人は、自分には甘く、人に厳しいものです。客観性をもって振り返る時間を大切に!

 
一条連載_ill

 

「天使のツラノカワ」クイーンズコミックスDIGITALコーラス2001年7月号扉

 

取材・文/佐藤裕美

この特集も読まれています!

子宮
フェムケア
水晶玉子
痩せる
ツボ・指圧
筋活

今すぐチェック!

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

PR
<前の記事

<前の記事
第17回/男というものは、たいした覚悟がなくても女をホテルに誘う生き物です/一条ゆかり…

次の記事>

次の記事>
第19回/人から見たら、たとえ脇役でも、誰が何と言おうと、あなたの人生の主役はあなたです/一条ゆかり…

この連載の最新記事

何をするにも時がある。「冬の時代」こそ、明日のために蓄えよ!!

第157回/何をするにも時がある。「冬の時代」こそ、明日のために蓄えよ!!

「ちゃんと自分と戦いなさいな。人とばかり闘っているとつぶれるわよ」

第156回/「ちゃんと自分と戦いなさいな。人とばかり闘っているとつぶれるわよ」

私はおごられるプロ(笑)。おごってくれる人に達成感をプレゼントできれば次がある!

第155回/私はおごられるプロ(笑)。おごってくれる人に達成感をプレゼントできれば次がある!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル