OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/197952/

成功したおじさんは、ほどほどに生意気で、ちょっとイラッとさせる女が好き

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説あまたあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載では先生の数多くの名言から、特にOurAge世代向けの言葉をピックアップ。込められた”愛とムチ”の意味を、解説いただきます!

記事一覧を見る

銀座でナンバー1になるには、聞き上手が大事って、よく言うけれど、成功したおじさんを「転がす」には、ただ「はい、そうですね」と言っているだけではダメなんですよね。

 

「え~、でも、それってこうなんじゃないですか?」と要所要所で反論する――これが大事です。そしておじさんから、「って、そう思うだろう?」という言葉が出たらしめしめです(笑)。

 

それはおじさんがノッてきた証拠。「キミは知らないだろうけど、これはじつはこうで…」と饒舌に語り始めます。そこで、「それは知りませんでした」「さすがですね」と褒めれば、おじさんはさらに上機嫌になって、あなたの好感度もアップするはずです。

 

うっかり権力を持ってしまうと誰も逆らわないので、彼らはつまらないんですよ。だから、たまに反発してあげると喜ぶんですよね。おじさんの「あいつ生意気でさ~」と「あいつかわいいやつだ」というのは同義語ですから(笑)。

 

ただしやりすぎは禁物で、ほどほどに生意気で、ちょっとだけ相手をイラッとさせるのがコツ。仕事で偉いおじさんを接待しなければならないときに試してみてください。彼らは意外と義理がたいので、親しくなっておけば、あなたが困ったときに力になってくれるはずです。

一条連載_ill

天使のツラノカワ」コーラス2000年7月号付録カレンダー

 

取材・文/佐藤裕美

<前の記事

<前の記事
第23回/会えない時間が育てるのは、愛ではなくて妄想です…

次の記事>

次の記事>
第25回/男の戦力になるか、男の癒しになるか。男をつなぎとめる方法は、この二つ…

この連載の最新記事

秘密が守れないのは「バカ」と「小心者」

第39回/秘密が守れないのは「バカ」と「小心者」

男がいたときのほうが、いないときより、不幸になる確率が高い

第38回/男がいたときのほうが、いないときより、不幸になる確率が高い

ただ空気を吸って、飲んで食べて……。生きてるだけでは、人間、地球に迷惑をかけています。そのぶん社会(自分以外)に奉仕して、最低限プラスマイナス、ゼロにせよ!!

第37回/ただ空気を吸って、飲んで食べて……。生きてるだけでは、人間、地球に迷惑をかけています。そのぶん社会(自分以外)に奉仕して、最低限プラスマイナス、ゼロにせよ!!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル