HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/204023/

別れ話をするときは、自宅でなくオープンスペースで/一条ゆかり

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説あまたあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載では先生の数多くの名言から、特にOurAge世代向けの言葉をピックアップ。込められた”愛とムチ”の意味を、解説いただきます!

記事一覧を見る

恋人に別れ話を切り出すとき、注意したいのは、その場所です。

 

相手はきっと動揺して「どういうことだよ!?」「オレが悪いっていうのかよ!!」なんて感情的になりますよね。それを避けるには人の目があるところで話すのが一番です。

 

そうすれば相手は、冷静になろうと努力するはずです。隣りのテーブルがそれほど近くなくて、適度にがやがやしているファミレスとかが最適なんじゃないでしょうか。

 

反対にダメなのは相手の家や自分の部屋。密室だと、彼が激情して危険かもしれないし、ベッドに押し倒されて、なしくずし的に別れ話がナシになる可能性も(笑)。「こんなところで話す話じゃないだろう。家に行こう」と言われても絶対オーケーしないように。

 

それから相手はたいてい「悪いところは直すから」などと言って引き留めようとしますが、ほだされてはいけません。たいてい同じ理由でイヤになると思います。しかも前よりもっと早い速度で。相手はその場しのぎで言っているだけで、人の人格はそう簡単には変われないんですよ。

 

どっちにしても別れ話はもめるし、お互いに傷つけあうことになります。美しい別れなどないと思って、覚悟してください。

一条連載_ill

 

ぶ~け1992年11月号表紙

 

取材・文/佐藤裕美

今すぐチェック!

40~50代、肌体力の低下が起こす「肌悩みの負の連鎖」は、自分で止められる!?

40~50代、肌体力の低下が起こす「肌悩みの負の連鎖」は、自分で止められる!?

PR
<前の記事

<前の記事
第33回/男でも女でも、賞味期限は「味付け」次第/一条ゆかり…

次の記事>

次の記事>
第35回/男女の友情は、お互いがバカだと成立しない/一条ゆかり…

この連載の最新記事

彼のことを「やさしい人」だと思っていたけど、それは「どうでもいい」と思っているからだった。 ケンカしないのは、面倒くさいからだった

第143回/彼のことを「やさしい人」だと思っていたけど、それは「どうでもいい」と思っているからだった。 ケンカしないのは、面倒くさいからだった

たいていの人は「やりなさい」と同意してくれる人を求めている

第142回/たいていの人は「やりなさい」と同意してくれる人を求めている

愛は望むものに向かう時に生まれ、憎しみは望むものが手に入らない時に生まれる

第141回/愛は望むものに向かう時に生まれ、憎しみは望むものが手に入らない時に生まれる

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル