OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/230506/

女は確認しつづける生き物。態度で確認して、言葉で確認して、身体で確認して、さらにもう一度、言葉で確認する。それでもなおウソをついている男がいるっていうところがすごい

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説数多くあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載ではOurAge世代への”愛とムチの金言”を、ビシビシといただいていきます!

記事一覧を見る

この言葉、いい!!最高におもしろい。自分で言ったとは思えない(笑)。

 

まず女って、何でも確認したがるのよね。「私のこと、好き?」「お誕生日、どうする?」って。それは自分が不安だからでしょうね。自分に自信がもてないから、つねに相手に聞いて「好きって言ってくれた」「お誕生日にはプレゼントくれた」、だから大丈夫、って安心したいんだと思います。

 

でも、その確認の仕方が、私から見たら甘いのよ。感情だけで判断して、脳が「大丈夫」って、すっかり思い込まされてるけど、雰囲気じゃなくて、現実を確認しなくちゃ。

 

帰りが遅かったとしたら、実際にどこにいたのか、お店のレシートを確認。時間や人数が書いてあったりするから、「同じ部署の仲間みんなと飲みに行った」とか言ってるけど、本当はお姉ちゃんと二人だったんだなとか、推測できるじゃない?

 

でも、こういうタイプの女性は、自分にとって都合のいいものしか見ようとしないので、現実認識が甘い。挙句に、「まさか彼が浮気するような人だと思ってなかった~!」と泣かれても「おいおい、そんなの最初からわかってたことじゃない」って、私なんか思っちゃうのよね。

 

一方、遊び人の男からしたら、そういう女性をだますのはたやすいと思います。彼のほうが一枚上手だからウソを信じ込ませるのは簡単。そういう意味で、チャラ男は、意外とデキるヤツなのよね。

 

悪い男に泣かされないようにするには、感情だけでなく、理性と知性をもって、彼の服装、空気感、身体など、360度をチェックしてみよう!!…って書いたけど…そんなこと、できたらねぇ… (笑)。

 

ちなみに赤ちゃんは、まず最初に、よくわからなかったら何でも口に入れて確認します。人間とは、もう生まれた時から確認したがる生き物なんでしょうね。

 

一条連載_ill

 

 

 

「THE一条ゆかり 集英社デビュー50周年イラスト集」愛蔵版コミックス Extra Gallery

 

取材・文/佐藤裕美

<前の記事

<前の記事
第68回/女が二股かけるのは、どうでもいいか、どうしようもないか…

次の記事>

次の記事>
第70回/「まったくしょうがないんだからぁ」という言葉が出てくるようになったら、相手に対して情がわいている証拠…

この連載の最新記事

人生のシミュレーションをするときは、自分の欲や欠点から目をそらすな!ファンタジーを入れたら失敗します

第78回/人生のシミュレーションをするときは、自分の欲や欠点から目をそらすな!ファンタジーを入れたら失敗します

ケンカのときは、ひと呼吸。キレそうになったら、ゆっくり敬語を使ってみよう

第77回/ケンカのときは、ひと呼吸。キレそうになったら、ゆっくり敬語を使ってみよう

自分の正しさが相手の正しさとは限りません

第76回/自分の正しさが相手の正しさとは限りません

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル