OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/234493/

これからの時代、AIに仕事を奪われないために必要なのは感性です!

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説数多くあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載ではOurAge世代への”愛とムチの金言”を、ビシビシといただいていきます!

記事一覧を見る

広く浅く知識がある人は、バブル時代には重宝されました。流行に敏感だとか、いいお店を知ってるとか、そういう情報が以前は貴重だったわよね。

 

でも、今はネットで検索すれば、何でも情報が出てるから、広く浅い人はあまり必要とされなくなっちゃったのよね。代わりに今、求められてる人材はオタク。興味の幅は狭いけど、ひとつの分野に深く精通している人。最近は就職試験でもそういうタイプが人気らしいのよ。

 

オタクって頑固だから、自分の好きな分野に関しては、相手が誰だろうとはっきり意見を言うのよね。上司に対しても「それは違いますよ」って容赦なく言えちゃう。扱いにくいけど、忖度がないから、それがいいらしい。

 

私もオタクなので、デビューの時からハッキリ自分の意見を言って…集英社も扱いにくかったであろう。

 

もちろんコミュニケーション能力が高くて、要領のいい人は営業なんかには必要だけど、イエスマンばっかりだとこの時代、会社もどん詰まりしてますからねえ。

 

ようは、自分なりの個性を持っている人じゃないと生き残れない時代になってきたってことですね。この先、AIに仕事を奪われないためにも自分の感性をもっと磨かねば、世の中に捨てられますよ(怖)。

「天使のツラノカワ」コーラス2000年10月号扉

 

 

天使のツラノカワ」コーラス2000年10月号扉

 

取材・文/佐藤裕美

<前の記事

<前の記事
第72回/友だちは一生もの、男は季節もの…

次の記事>

次の記事>
第74回/恋愛に成就はない。つねに過程。だから恋愛にハッピーエンドはない…

この連載の最新記事

ケンカのときは、ひと呼吸。キレそうになったら、ゆっくり敬語を使ってみよう

第77回/ケンカのときは、ひと呼吸。キレそうになったら、ゆっくり敬語を使ってみよう

自分の正しさが相手の正しさとは限りません

第76回/自分の正しさが相手の正しさとは限りません

世間さまは見てるだけ。批判はするけど、何もしてくれない

第75回/世間さまは見てるだけ。批判はするけど、何もしてくれない

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル