HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/236937/

自分の正しさが相手の正しさとは限りません/一条ゆかり

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説数多くあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載ではOurAge世代への”愛とムチの金言”を、ビシビシといただいていきます!

記事一覧を見る

正論は、誰にでも当てはまるものではありません。

 

以前、コスパ最高で大評判の鮨屋に入って、遅いランチをカウンターで楽しく食べておりました。お店がすいていたせいか、そばに座っていたカップルの会話が聞こえてきました。30歳過ぎくらいの小金を持っていそうな水っぽい女性と、同世代の地味で貧乏臭い男性という二人で、話の内容はこんな感じ。

 

女「そうやって生活にメリハリがないと、せっかくの休日も台無しになっちゃうでしょ。休むときは、仕事のことは全部忘れて楽しまないとダメだよ」
男「でもさ、どうしても頭の中でネタのこととか考えちゃうんだよね」
女「そんなんじゃ、かえっていいネタできないよ」
男「そうは言っても頭から離れなくて」

 

話の内容からすると、男は売れない芸人らしくて、そんな彼に彼女は説教めいたことをず~〜〜〜っと言ってるのよね。自分は正しい、だからそうするべきだとばかりに。

 

確かに休日は仕事を忘れて楽しむというのは正論かもしれない。でも、それを聞きながら、私は彼が言っていることに、「それ、わかる!!」「その通り!!」と加勢したくなりました。

 

私もマンガのストーリーを考えている時は、休みなんか関係ないし、寝ても覚めてもそればかり!!クリエイターって、そういうものだと思うのよね。休みの日も彼女と一緒の時もネタばかり考えてしまう芸人の彼氏は、私から言えば間違ってないと言うか、『モノを作る人間というものはそういうもんじゃ(怒)!!ましてやこれから成り上りたいと思っている奴がそうじゃなかったら、絶対売れるもんか!!』と思いますね。

 

でも、彼女は「そうやって成功した自分が言うんだから間違いない」的な感じで、ずっと上から目線で言っていて…あ~久しぶりの鮨が不味い!!言ってやりたい!言ってやりたい!このくそ女を怒鳴りつけていじめてやりたい、というヤバい感情があふれ出そうになり、危険を感じた私は鮨屋をあとにしたのであった。

 

とにかく!自分の物差しで人を判断するのはある程度は仕方がないけど、人に当てはめてはダメです!!クローンでもない限り無理です!

 

まあ、彼もお鮨代を彼女に払ってもらうんだろうから、そのくらいの小言を言われても仕方ないけどね(笑)。

 

 
一条ゆかり_漫画「プライド」コーラス2006年5月号扉

 

 

プライド」コーラス2006年5月号扉

 

取材・文/佐藤裕美

今すぐチェック!

【お悩み募集】高尾美穂先生が更年期のメンタル悩みに、MyAge秋冬号でお答えします!

【お悩み募集】高尾美穂先生が更年期のメンタル悩みに、MyAge秋冬号でお答えします!

<前の記事

<前の記事
第75回/世間さまは見てるだけ。批判はするけど、何もしてくれない/一条ゆかり…

次の記事>

次の記事>
第77回/ケンカのときは、ひと呼吸。キレそうになったら、ゆっくり敬語を使ってみよう/一条ゆかり…

この連載の最新記事

人生はダイエットと同じ。変化のない停滞期をどう耐えるかで、勝負が決まる

第139回/人生はダイエットと同じ。変化のない停滞期をどう耐えるかで、勝負が決まる

歳を重ねると、自然と選択肢は減るもの。自ら人生を閉じるのはダメデス!

第138回/歳を重ねると、自然と選択肢は減るもの。自ら人生を閉じるのはダメデス!

人は丸くて、柔らかくて、ふわふわしたものに弱い

第137回/人は丸くて、柔らかくて、ふわふわしたものに弱い

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル