OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/241089/

素晴らしい人格や才能や美貌がなければ、たいていの場合、「古い女」は「新しい女」に勝てない/一条ゆかり

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説数多くあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載ではOurAge世代への”愛とムチの金言”を、ビシビシといただいていきます!

記事一覧を見る

か、か、悲しいね~ (涙)。男って馴染みの店が好きなくせに、「女房と畳は新しいほうがいい」とか言うでしょ。実際に「キレイな奥さんがいるのに、なぜあんな安っぽい女と浮気するのか!?」と思うこと、結構あると思います。本当にムカつくわよね。

 

でも、それは女も同じで、人間は慣れてしまったものにはドキドキしないという性質があるんです。いつもいる人に対して、毎日毎日、毎日お礼を言ったり、ほめたりしてもちあげる気力はもうないのよ。だから新しくて新鮮なものには勝てないんですよ。

 

とくに「新しい女」が「若い女」だったりすると、勝ち目は限りなくゼロ。よく言われることだけど、原始時代、人間は病気やケガですぐ死んでしまったから、たくさんの子孫を残すことが必要だったのよね。だから男のDNAには、より多くの子孫を残したいという本能が刻みこまれていて、今でもその名残で、生殖能力の高い女性のほうに目がいくと。もうそれは遺伝子レベルで決まっているらしい。

 

では、「古い女」はどうしたらいいのか。まず、「新しい女」に負けても自分を必要以上に責めないということです。もちろん悪いところは反省しなくちゃいけないけど、「自分には魅力がない」とか思わない。

 

魅力があっても男は浮気するのよ。だから必要以上に苦しんだり、反省したり、相手を憎んだりするのはやめましょう。

 

そして大事なのは、新しい女と同じ土俵で闘わないということです。つまり同じポジションを目指さない。自分にしかないポジョンを目指すんです。彼に仕事で役に立つ、彼の好きな料理で癒す……なんでもいいです。「新しい女」とは違う土俵で勝負する。そうすれば勝ち負けもありません。

 

ただし、結婚してる場合は夫の不倫を黙って見過ごすわけにもいかないわよね。結婚は契約だから、裏切ったほうが断然悪い。夫は契約を破った罰を受けるべきなので、それ相応のことはしていただきましょう。

「砂の城」集英社文庫<コミック版>

 

 

「砂の城」集英社文庫<コミック版>

砂の城」集英社文庫<コミック版>

 

取材・文/佐藤裕美

今すぐチェック!

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第80回/穴の開いたジーンズをはいて、素敵に見えるのは、認めたくないですが若いときだけです/一条ゆかり…

次の記事>

次の記事>
第82回/職場では、年下の女の子と仲良くできればWin-Win/一条ゆかり…

この連載の最新記事

迷った時には初心を思い出せ!!初心に返ったことで「デザイナー」も「プライド」も描けました/一条ゆかり

第108回/迷った時には初心を思い出せ!!初心に返ったことで「デザイナー」も「プライド」も描けました/一条ゆかり

幸運とは、ただラッキーなことが起こるのではなくて、チャンスに気づいて、それをつかめるかどうかにかかっている/一条ゆかり

第107回/幸運とは、ただラッキーなことが起こるのではなくて、チャンスに気づいて、それをつかめるかどうかにかかっている/一条ゆかり

知ってたようで知らなかった自分の本質。私って自分が認識してるより良い奴だった/一条ゆかり

第106回/知ってたようで知らなかった自分の本質。私って自分が認識してるより良い奴だった/一条ゆかり

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル