OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/254985/

アンチエイジング、「今さらやっても手遅れ」というのはただの言い訳/一条ゆかり

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説あまたあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載では先生の数多くの名言から、特にOurAge世代向けの言葉をピックアップ。込められた”愛とムチ”の意味を、解説いただきます!

記事一覧を見る

えーとですね…一条はこれまでたくさんのアンチエイジングにトライしてきました。顔のホクロをとったり(大きいの1個とソバカス少々)、肌の若返りのために幹細胞治療をしたり、ダイエットは、もう何十年も続けております。なんてったって座右の銘は「人生一生ダイエット!」。心も身体もダイエットでございます。

 

なんて言ってても、ハッキリ言ってダイエットは辛い!やりたくない、小デブでもいいじゃないか、健康に害がなきゃイイじゃないか、と思いつつ、しつこくやっているのはですね!「しまった!あのとき、やっておけばよかった!!」と思うのが嫌だからなんですよ。

 

人は年とって醜くなって、初めて、そうやって後悔するものなんですね。「面倒くさがらず、あのとき、日傘をさしていけばよかった」「ビタミン剤を続けて飲んでいればよかった」「マメに運動をしていればよかった」…って。シミ、シワ、たるみ…と、体のあらゆるところに自分が手抜きしてきた証が刻まれるのだけれど、それに納得したくないのよ、私は。

 

「50歳にもなって、今さらやっても手遅れよ」という人がいますが、それはただの言い訳です。60歳になっても70歳になっても老化には抗ったほうが良いと思います。やるだけやれば、「あのとき、やっておけばよかった」という後悔が少なくなるし、「やれるだけの努力はしたんだから、我が人生に悔いなし」と、年をとることも素直(?)に受け入れられるようになる…と思います。

 

どんなにわめこうが拒否しようが人はいずれ死にます。昔に比べたら寿命は長くなったけど、20倍になったわけじゃない。どうしたって老化していくのは避けられないのだから…と諦めがつくんですね。

 

悪あがきの痛い若作り女の境をウロウロしている一条ですが、この境は超えてはいけないと思っております!ギリのところでとどまって粘りつつも素直に、年をとることを受け入れながら、最大限のアンチエイジングに励みます!!

 

こんな事を書いてたら、昔、元ダンナと真夏のNYに行った時の事を思い出したわ。
雑踏の中、日傘をさして歩いているのは怪しげな日本人の私一人。ハッキリ言ってかなり浮いていたのは認めよう。恥ずかしいから傘をたたんでくれと言う旦那に一言。

「何言ってるの。恥は一時、シミは一生よ!」

 

ああ、あの時日傘をさしていて良かった♡

 

一条ゆかり_「正しい恋愛のススメ」コーラス1997年7月号扉

正しい恋愛のススメ」コーラス1997年7月号扉

 

取材・文/佐藤裕美

今すぐチェック!

高めの血圧、内臓脂肪が気になる! 食事会が続く年末年始はカラダにいいものを巡らせて

高めの血圧、内臓脂肪が気になる! 食事会が続く年末年始はカラダにいいものを巡らせて

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第97回/世間は姫には甘いが、女王には厳しい/一条ゆかり…

次の記事>

次の記事>
第99回/人生や仕事のパートナーをどう選ぶかで、生きる幅が広くもなるし、狭くもなる/一条ゆかり…

この連載の最新記事

人は環境にとても感化されやすい生き物。ダメ男とつきあっていると、いつの間にかダメ子に!/一条ゆかり

第119回/人は環境にとても感化されやすい生き物。ダメ男とつきあっていると、いつの間にかダメ子に!/一条ゆかり

人は創造するより、破壊するほうに快感を得やすい。でも創造の快感は、しみじみと長〰️く続くのでお得です/一条ゆかり

第118回/人は創造するより、破壊するほうに快感を得やすい。でも創造の快感は、しみじみと長〰️く続くのでお得です/一条ゆかり

男で受けた傷を食べ物で癒すと、デブが残る/一条ゆかり

第117回/男で受けた傷を食べ物で癒すと、デブが残る/一条ゆかり

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル