HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/270145/

男で受けた傷を食べ物で癒すと、デブが残る/一条ゆかり

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説数多くあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載ではOurAge世代への”愛とムチの金言”を、ビシビシといただいていきます!

記事一覧を見る

以前、「男で受けた傷は、男で癒すしかない」というのをやりましたけれど、これはその変形バージョン(笑)。

 

食べ物って、確かに美味しいものを食べてる時はすごく癒し効果が高くて、目が美味しそうと脳に教え、舌表面にある味を感知する味蕾が、様々な味を電気信号でまたもや脳に伝えるのです。

 

甘味、塩味、酸味、辛味、苦味、おまけにうま味などの味を脳は感じ、食感、歯や顎から伝わる噛み心地にのどごしの良さ。脳は味を受け取るのに夢中になり、幸せになるのです。だもんで、脳も忙しいので食べることに集中してれば他の事は考えません。

 

だからつらい目にあった時、食べ物に走って、やけ食いする人は少なくないとは思うけど、食べ物の癒し効果って、既にお分かりのように食べている時だけです。時間が短い。残念ながら瞬間芸なのです。

 

食べてる時は、おいしいし、「幸せ~っ!」て思うけど、あっという間にお腹がいっぱいになってしまう。頑張っても2時間くらい。
効果が長持ちしないから、「寂しい~っ!」て言っては食べて、「悲し~っ!」って言っては食べてと何度も何度も食べるから、当たり前だけど太ります!!まだ酒のほうがちびちび飲めば長持ちするか。

 

さらに食後には、「たくさん食べてしまった……」「またダイエットしなくちゃ」という後悔が押しよせてくるから、癒し効果はマイナスですね。

 

その昔私は、男に痛い目にあって、爆食いというか、悔しいから高いものを食べてやる〰️といきり、高級ランチ(このランチと言うところがちょっとせこいなぁ)を食べに行ったんだけど、オーダーした後、待ってる間に「やっちまった!」っていう後悔が押し寄せました。未熟でした。食べた後に、冷静さを取り戻せばいいのにね。

 

これは私が目撃した実話なんだけど、友達の家に5人の女が遊びに来てて、その中の1人の女友達が内容は忘れたけど、とにかく悲しんで泣いてました。

 

皆で食事を作って、食べないだろうなぁとは思ったけど、一応その泣いてる女にも声をかけました。ちょっとウジウジしてたけど、結局一緒に食事をし、これおいしいねーとか笑いながら美味しく食事を済ませたとたん…なんと!!またメソメソと泣き出した。器用だわあと感心しましたよ。

 

ということで、彼女が証明してくれたように、癒されるのは食べている時だけです。
男でつらい目にあっても、やけ食いはやめましょー!!

 

一条ゆかり_「有閑倶楽部」のワンシーン

一条ゆかり_「有閑倶楽部」のワンシーン

 

有閑倶楽部」集英社文庫<コミック版>

 

 

 

取材・文/佐藤裕美

今すぐチェック!

40、50代女性の美容と健康に欠かせないビタミンC。噂の医師監修サプリメントが頼れる理由

40、50代女性の美容と健康に欠かせないビタミンC。噂の医師監修サプリメントが頼れる理由

PR
<前の記事

<前の記事
第116回/別れた彼が忘れられないのは、別れた後、ろくな男に会ってないからです!/一条ゆかり…

次の記事>

次の記事>
第118回/人は創造するより、破壊するほうに快感を得やすい。でも創造の快感は、しみじみと長〰️く続くのでお得です/一条ゆかり…

この連載の最新記事

歳を重ねると、自然と選択肢は減るもの。自ら人生を閉じるのはダメデス!

第138回/歳を重ねると、自然と選択肢は減るもの。自ら人生を閉じるのはダメデス!

人は丸くて、柔らかくて、ふわふわしたものに弱い

第137回/人は丸くて、柔らかくて、ふわふわしたものに弱い

ストレスによる苛立ちは瞬間カンフル剤。脳を活性化するのに役立ちます

第136回/ストレスによる苛立ちは瞬間カンフル剤。脳を活性化するのに役立ちます

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル