HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/297721/

「どうせ私なんて…」と自分のことを卑下する人は、謙虚に見えて実は怠け者

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説数多くあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載ではOurAge世代への”愛とムチの金言”を、ビシビシといただいていきます!

記事一覧を見る

「どうせ私なんてモテないから」「どうせ私なんて才能ないから」とかって、すぐに言う人、いますよね。私、苦手なのよね、そういう人。だぁってね〰️〰「どうせ私なんて…」って言うのって逃げだし、実に楽に慰めてもらえるしね。

 

「そんなことないよ~」とか「〇〇ちゃん、かわいいじゃない」とか「〇〇の才能はあるしね~」って、きっと誰かが慰めて、おまけにほめてくれるでしょう。

 

そういう返答を無意識かどうかはわからないけど、とにかく期待して、「どうせ私なんて」って言ってる人は結構いると思います。

 

だらだらとした今の自分のままでいいと、誰かに言ってほしいのはわかるけど、いやマジでこういう女って実に面倒くさい。謙虚そうに見えて、実は怠け者で、結構図太い女だと思うのよね。たぶん、あっちでもこっちでも「私なんて」って言ってるんだろうなぁ。あああ~イヤだ!

 

以前、知り合いに、何かというと「どうせ私なんてブスだから」と言う女がいました。正直者の一条は「そんなことないよ~」と嘘はつきたくないけど、「そうね、確かにブスだわ」と肯定するのもあんまりなので、「あっ!そうだ!そういえばさ~」と強引に話をそらせておりました。でもね、何回もやるのよ、その女。

 

聞いてて不愉快だし、だんだんうんざりしてきて「ブスブスブスと思いっきり言ってやりたい!」という、どす黒い気持ちがズンズン湧いてきて困りました。ひがみっぽいけど妙に攻撃的で、陰険にマウントを取りたがる性格の悪い女子で、こんなに堂々と悪口を書いても、ちっとも心が痛みません。

 

かなり嫌な思いをさせられたので、二度と会いたくないと思った時、とうとう最後に、一条史上最悪なセリフがスルっと口から出てしまいました。

「あなたって顔もブスだけど、心はもっとブスだわ」

 

ああああああああ~~~~ハレルヤー!長い間の便秘が一気に治った気分よ。全然後悔はしていませんが、こんなことはこれっきりにしたいもんです。

 

まあ人生いろんなことがありますが、「私なんて才能ないし~」と言われたら「あら、そうなんですか?」ってすがすがしく肯定してあげるのも楽しいですよ。

 

妬みやひがみが力になるのは、若いうちは結構あるけど、いいトシをしたおばさんが、ひがみを外に全開させると、ツッコミどころ満載で実に醜いうえ、取り扱いに困るから、やめてほしいと思います。

 

一条もたまには「私なんか」と言うんだけど、「私なんか自慢ですが、運動神経も結構よくって~」とか、実に堂々と自慢しております。

一条ゆかり_「5愛のルール」りぼん1975年9月号扉

5愛のルール」りぼん1975年9月号扉

 

取材・文/佐藤裕美

 

この連載が1冊の本になって発売されました!おかげさまで大好評、たちまち重版に!!

 

「不倫、それは峠の茶屋に似ている

たるんだ心に一喝‼ 一条ゆかりの金言集」(1,760円・税込)

 

 

詳しくはこちらへどうぞ!

 

 

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第145回/人は飽きる!犬ですら、同じドッグフードは食べなくなる…

次の記事>

次の記事>
第147回/飽きもせず またダイエット  実験中  いくつになっても女は女…

この連載の最新記事

あなたの体は、あなたの食べたものでできているし、あなたの未来は、あなたの考えていることで決まる

第153回/あなたの体は、あなたの食べたものでできているし、あなたの未来は、あなたの考えていることで決まる

「間違ったと思ったらすぐやりなおすのよ。後悔が少しで済むわ」by奈津子ママ

第152回/「間違ったと思ったらすぐやりなおすのよ。後悔が少しで済むわ」by奈津子ママ

宴会では、率先して食べ物を取り分けてはいけません。ちょっとは得になるけど、損のほうが大きい

第151回/宴会では、率先して食べ物を取り分けてはいけません。ちょっとは得になるけど、損のほうが大きい

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル