HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/305175/

50歳も過ぎれば、全身「黒コーデ」はヤバイ!

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説数多くあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載ではOurAge世代への”愛とムチの金言”を、ビシビシといただいていきます!

記事一覧を見る

黒い服って実に便利よね。体型カバーになるし、ボロは隠せるし、センスが無いのがバレないし、スタイリッシュにさえ見える。この連載を担当している編集者もライターも黒の服が好きなのよ。仕事柄、黒子に徹したいという気持ちもあるのかもしれないけど、でもね、50歳過ぎの人が全身真っ黒だったりすると、まず一番に考えるのが「葬式か!?」だよね(笑)。

 

昔、ハリウッド映画をよく見ていた時、いつ見てもびっくりしたのがおばあちゃんの服がスッゲ~~派手だったこと。七面鳥かよっていうぐらい、黄色だ!ピンクだ!オレンジだ!

 

あきれて見ていたけど、今となっては「そうだアレは正しい!」って、よ〜く分かるようになりましたデス。日本ではピンクは赤ちゃんの色だけど、欧米では年寄りの色です。

 

若いうちはね、黒かろうが白かろうが何でも似合うわよ。肌の色も明るいし、張りがあるから、黒が余計にそれを引き立たせてくれるし、キリッとシャープな雰囲気も演出してくれます。若さは色を選ばないけど、年寄りは色を選ばないと痛い目にあいます。

 

ミドルエイジ(一条はこのごまかしまくった言い方は嫌いデス)になると、肌はくすむし、シワもシミもある。年をとると一番減っていくのが体の水分量です。子供は体の70%、大人は60%、老人は50%ぐらいらしい。つまりどんどん脱水状態になって、緩やかにミイラ化していくってことですね。

 

体を引き締めて見せてくれる黒は、光を吸収する色。くすんだ肌をなおもくすませ、脱水状態を際立たせます。しかも姿勢は前かがみ。それで全身真っ黒だと、魔女狩りのターゲットになりそうで、間違いなく実年齢より老けて見えます。

 

もはや自力では明るい肌の色をキープできないのならば、周りに膨張色をあしらって乱反射させ、目の錯覚で若々しく見せるというテクが必要です!

 

以上、40年前にとても似合っていた黒のワンピースを着たら、サイズは問題ないのに葬式にしか見えなかった。それはなぜか!?について、粘着気質一条が研究した結果発表でした。

 

というわけで、50歳を過ぎたら、全身真っ黒の服は避けて、薄い色とか赤とか花柄とか、顔色が良く見えるきれいな色を選びましょう。黒を着る時は、アクサセサリーは華やかに。50歳になったからといって、急には変われないから、準備は48歳くらいから始めてください!!なぜ48歳?いやなんとなく(笑)

 

ちなみに美輪明宏さんは、髪も服も金色よね。美輪さんは、中国の昔の皇帝は、たいてい黄色の服を着ていることにヒントを得て、黄色の服を着ているのだとか。黄色は、金運や平和を招く色。色のパワーを取り入れてみるのもおすすめですよ。

 

一条ゆかり_「デザイナー」りぼん1974年2月号扉

デザイナー」りぼん1974年2月号扉

 

取材・文/佐藤裕美

 

この連載が1冊の本になって発売されました!おかげさまで大好評、たちまち重版に!!

 

「不倫、それは峠の茶屋に似ている

たるんだ心に一喝‼ 一条ゆかりの金言集」(1,760円・税込)

 

 

詳しくはこちらへどうぞ!

 

 

この特集も読まれています!

子宮
フェムケア
水晶玉子
痩せる
ツボ・指圧
筋活

今すぐチェック!

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

PR
<前の記事

<前の記事
第153回/あなたの体は、あなたの食べたものでできているし、あなたの未来は、あなたの考えていることで決まる…

次の記事>

次の記事>
第155回/私はおごられるプロ(笑)。おごってくれる人に達成感をプレゼントできれば次がある!…

この連載の最新記事

何をするにも時がある。「冬の時代」こそ、明日のために蓄えよ!!

第157回/何をするにも時がある。「冬の時代」こそ、明日のために蓄えよ!!

「ちゃんと自分と戦いなさいな。人とばかり闘っているとつぶれるわよ」

第156回/「ちゃんと自分と戦いなさいな。人とばかり闘っているとつぶれるわよ」

私はおごられるプロ(笑)。おごってくれる人に達成感をプレゼントできれば次がある!

第155回/私はおごられるプロ(笑)。おごってくれる人に達成感をプレゼントできれば次がある!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル