凄い!洋服ブラシの力量

プロフィール写真

スタイリスト。東京生まれ。

数々のファッションやライフスタイル雑誌、広告などで幅広く活躍中。

もの選びの確かさと、身につけることが楽しくなるようなスタイリングが人気。

雑誌「エクラ」の表紙スタイリングや連載「いいものみぃつけた!!」なども好評を博した。

ベーシックでいて時代感覚をさりげなく取り入れたコーデイネートや、素敵なもののセレクトは、年齢を問わず参考になる。

旅好きやおいしいもの好きで知られ、、雑貨などライフスタイル提案にも定評あり。

2015年4月、初の著書「My Style ~スタイリスト小暮美奈子がたどりついた心地よさ」が発売に。

先日、友人と会った時に洋服ブラシの話になった。なんと10万円を超える価格のブラシがあるそうで、知り合いもそのブラシを買って持っているという。

 

え〜〜〜〜!!凄すぎる。

 

一応私もブラシは持っている。ずいぶん前にちゃんとした物が欲しいと思って、ちょっと高いけどデパートで買った物だ。それでも確か1万円はしなかったと思う。仕事上素敵な服を目にする事が多く、私にしてみればかなり高額な服をエイヤっと買ってしまうので、その代わり丁寧にケアをして長く使いたいと思ったから。クリーニングに関しても、大切な物ほどなるべくクリーニングには出したくないと昔から思っている。なのでブラシをササッとかけてハンガーに吊るして風を通したり、休ませたりしていた。ただそれはコートやジャケット、パンツなどで、ニットに関しては全く別ものだと思っていた。

 

大人になるにつれ、カシミアとかシルクカシミアなどの高価で繊細な素材の気持ち良さを知り、ついそちらの方へ手が伸びるように。世の中的にもデザインだけではなく、素材を重視した商品が多く出回るようになったので、私のワードローブにもいわゆる高級素材がいつのまにか増えていった。
やわらかいカシミアのセーターやストールを自分で洗うのは怖くてドキドキする。でもクリーニングにも出したくない、といつも苦渋の選択で慎重に自分の手で洗ってはいるが、何かもっといい方法は無いのかなぁと常々思っていた。

 

ところがその高額なブラシは、ウールはもとより、カシミアやシルク、布帛からニット、キモノ(帯なども!)にも使えるという。特にニットはブラシをかける事により、埃などが取れ、つやが出て、毛玉ができるのを防ぎ、既にできた毛玉も取れるという。
本当?!凄い!!
これは是非そのブラシを見て確認したいと、さっそく取材の申し込みを行い、イセタンサローネメンズで行う実演販売会に行き、お話を伺えることになった。

 

こちらが〈イシカワ〉洋服ブラシの石川和男さん。

小暮美奈子

石川さんが使うのは尾脇毛と呼ばれる馬毛で、上質な毛筆に使われる素材。高価だし産毛のように繊細なもので、今まで服ブラシには使われなかったそう。その尾脇毛を手間と時間をかけて加工しブラシに作り上げた。一本作るのに大体3、4日かかるという。あたりは柔らかいのに驚くほど弾力があるので、繊細なカシミアやシルクに対応できるという。

 

「先ずブラシを触ってみて下さい」と言われたので触ってみると、とても柔らかい。毛足は私の家にあるブラシよりかなり長く、ブラシ自体もわりと大きい。
「ブラシのかけ方はこんな感じです」と、私が着ていたセーターの一部分にブラシをかけて、「どうですか?違いがわかりますか?」と聞かれた。

 

次ページに続きます。 

第31回
凄い!洋服ブラシの力量
第26回

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top