葉牡丹しつらいと、お客様が来た日のテーブル

プロフィール写真

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約500名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

この時期よく見かける葉牡丹。
外側の葉はグリーンで大きく、中心の葉は紫、白、クリーム色、ピンクなどに色づき、美しく立派な葉が牡丹の花に似ているため「葉牡丹」という名前がつけられたそう。

冬の寒い時期に咲く色鮮やかな葉牡丹は、お正月に欠かせない植物のひとつと言われていますが、最近はその愛らしい姿から寄せ植え、切り花、アレンジとしても楽しめるようになりました。
リースにしてもとても素敵なので、機会があれば私もぜひ試してみたいと思います。

花言葉は「祝福」「愛を包む」。
とても素敵ですよね。


大きさや色も様々なものがあるので、お好みでそれぞれを組み合わせたり、他の植物や花と合わせれば、オリジナルのしつらいが完成します。

今回は「晴姿」というミニサイズと「冬紅」という大きめの葉牡丹二種類をメインに、そこへ季節のラナンキュラスとグリーンを合わせました。

葉牡丹はとても日持ちがする植物なので、こまめに水替えをすれば、かなり長い期間楽しむことができ、根が生えてくることも。
その場合、そのまま土に植えてあげると育てることが可能かもしれません。


大きいギザギザの葉はフレボディウムといい、シルバーグリーンが美しいシダ科の植物。
近年出回り始めた、とても個性的でレアな葉で、アレンジのアクセントになります。

 


くるくるとした動きのある葉が可愛らしいサヤエンドウの花は、咲き終わると実がなるというお楽しみ付きなのですが、数日後ちゃんとなりました!
茎にぶら下がっている姿がユニークで、つい何度も目をやってしまいます(笑)。

 


切り花としても楽しめる葉牡丹、お部屋の中で飾るのにもオススメです。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第24回
葉牡丹しつらいと、お客様が来た日のテーブル

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top