とれにくい首のこりを軽くするツボ「頸頂点(ケイチョウテン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第4章 これで安心して仕事ができる

第4章では、仕事や職場の様々な場面に応用できるツボを紹介します。

 

 

【デスクにいたまま健康法】

 

 

肩だけでなく、首にかけて痛みのあるこりを感じたことはありませんか?

 

今回は、ストレッチと組み合わせることでより効果が実感できる、なかなかとれにくい「首のこり」にきくツボをご紹介します。

 

 

 

 

 

首の痛みやこりには「頸頂点(ケイチョウテン)」というツボが有効です。肩こり知らずのツボとしてご紹介した「肩井(ケンセイ)」とあわせて活用すれば相乗効果が期待できます。

 

「頸頂点」の位置はイラストを参照して確かめたら、首の横をストレッチしながら押さえると、より効果的です。首を右に傾けながら、右の親指で左手のツボを、次に左に傾けたときは左の親指で右手のツボをゆっくり5秒間押さえながら揉みほぐすと良いでしょう。

 

足首から首にかけてツボとツボが繫がっていく経絡があるので、入浴中に足首を内回しや外回しをすることも、首の痛みを軽くするのに効果が期待できます。

 

 

 

 

ストレッチをしながら押さえるとより効果が感じられます!

頸頂点(ケイチョウテン) ツボ位置

「頸頂点(ケイチョウテン)」

 

「頸頂点」は、両手の甲側にあり、中指と人差し指の間から約2㎝手首に向かって下がった少しへこんだところが目安です。

 

親指でゆっくり5秒押さえ揉みほぐすのを交互に繰り返します。

 

【もっとイイネ!】

入浴時にバスタブに浸かりながら足首のもって、ゆっくり内回しや外回しをするのも、首のこりに効果があります。

 

 

 

 

 

次回は、使いすぎのため、「手首から指にかけての痛み」に効くツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第56回
とれにくい首のこりを軽くするツボ「頸頂点(ケイチョウテン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント(2)

    匿名さま コメントありがとうございます。確かに、イラストの手は大きいですよね。イラストはあくまでイメージとしてとらえていただければと。約2センチ手首に下がったあたりを押してください。今後とも、ツボ押しのシリーズをぜひ活用くださるよう、よろしくお願いいたします。

    ourage-editor - 2015年8月12日 01:30

    イラスト、本文ともに正しい位置を示して居るのなら、イラストに描かれた手は手首から指先まで50cm以上ある様な…

    匿名 - 2015年8月11日 14:12
    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top