大政奉還150周年。明治神宮外苑に行く理由

プロフィール写真

洋の東西を問わず、「ストーリーのあるモノ」に魅かれます。〈歴史あるもの〉〈流行りもの〉双方ともに好き。皆様に幸せ訪れる様なお出かけを、東京中心にお伝えしてまいります。

明治神宮外苑に行ってまいりました。

外苑といえば、イチョウ並木が有名です。

映画やドラマの舞台に頻繁に登場し、

紅葉の季節には大変な賑わいを見せています。

image10

桜の季節を迎えた今、明治神宮外苑をご紹介する理由は、

本年が「大政奉還150周年」

節目の年だからなんです。

image20

鎌倉時代から700年近く続いた武家政権が終わりを告げ、新しい転換期となった「大政奉還」

明治天皇を中心に成し遂げられた維新の大改革です。

 

 

明治神宮外苑は、明治天皇とその皇后(昭憲皇太后)のご遺徳を長きにわたり後世に伝えるために創建されました。

大正15(1926)年10月のことです。

お正月の歌舞伎座の演目にも、大政奉還を題材にしたものがありました。

 

 

明治神宮外苑のシンボルでもある「聖徳記念絵画館

国の重要文化財です。

image11

国産大理石とタイルで装飾された中央広場に立つと、厳かな気持ちになります。

 

 

展示されているのは、80枚の壁画。

明治天皇のご生誕から崩御までの出来事を画題の年代順に展示されています。

前半、日本画40枚。

後半、洋画40枚です。

すべて一流の画家による優れた芸術作品。

私の大好きな鏑木清方の作品もあります。

 

 

西郷隆盛や井上馨など歴史の教科書に登場する大物が数多描かれ、

日本の激動の時代を絵画を通して学んでいる様な時間を過ごせます。

 

 

絵画にも登場している御料馬(ごりょうば)「金華山号(きんかさん)」

明治天皇に大変愛され、はく製となって展示されています。

金華山号は大きくないこともあり、なんとも愛らしい佇まいです。

愛らしいだけでなく、何があっても動じず落ち着いた名馬で、数々の逸話を残しているそうです。

 

 

絵画館の入り口から見ると、イチョウ並木までのまっすぐな道。

image5

 

絵画で描かれていたかつての景観から現代に至るまでの日々に思いを馳せてしまいます。

 

 

オリンピックに向け工事中の国立競技場の横を通り、

千駄ヶ谷の【鳩森八幡神社】に向かいます。

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


To Top