宮崎県都城市 島津藩の伝統を受け継ぐ美食の地を初訪問

プロフィール写真

東京在住。食、旅、美容などライフスタイル系ブランドのPRをしています。オーガニックアイテムを取り入れて、健康的に美しく年を重ねていくことに興味があります。旅と食べ歩きが大好きで、今年もすでに国内外のおいしい旅を計画しています。新店舗オープン、食や旅を中心としたおでかけ情報を発信していきます。

霧島連山に囲まれた盆地の都城市。寒暖の差があり、石灰岩を多く含む地層で農作物が美味しく育ちます。牛・豚・鶏を飼育し、きれいな水があることで焼酎の蔵元があり、お茶の栽培も江戸時代から行われている、まさに自給自足の美食の地なのです。

 

 

朝羽田空港を出発し、宮崎ブーゲンビリア空港から直行したのは、都城市山之口町。お目当ては築120年の旧家のお屋敷で、明治・大正時代の食器を使い地産地消にこだわった創作和食料理がいただける「お食事処 まえだ」です。
2,000坪にもわたる敷地内には畑、田んぼもあり、お肉以外は全て敷地内で収穫された食材でまかなっているそうです。

 

 

40畳ほどのお座敷でお昼のコースがスタートです。
明治時代の職人の手による輪島塗の漆器で供されるお膳には、朝どれ卵、菜の花のおひたしや里芋のグラタン、蕪の赤酢漬けなど、都城の春をつげる食材ばかり。

前菜

100年前の手描きのお皿に盛られた宮崎牛のステーキ。
こちらは通年のメニューです。
程よくのった脂はほのかな甘みがあり、自然の中でのびのびと育ったことがわかります。

宮崎牛ステーキ

おめでたい席に欠かせないちらし寿司や、採れたて野菜のサラダや天ぷら、昆布・花鰹の上品な出汁のお吸い物、都城名産の金柑を使ったゼリー。
コーヒーカップは大正時代に長崎で生産され、多くはアメリカに輸出されたそうです。

お料理

都城の地の恵みと歴史を満喫できるお食事にあわせたのは、同じく都城にある四軒の蔵元の焼酎。

 

絶品の焼酎は次のページ!

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top