OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/115950/

自転車通勤はいつものスタイルに、右足だけ裾バンドを付けて

小林一美

小林一美

「Le pivot(ル・ピボット)」デザイナー。
20代よりデザイナーとして活躍し、12年に表参道の裏通りに、自身のブランド「ル・ピボット」のオフィス兼ショップを構える。素材への思い入れが深く、着心地のよさでファンになる大人が後を絶たない。料理や器など、暮らしまわりへの造詣も深い。若い頃から、出張を含めて旅が多い。

記事一覧を見る

雨だなぁとか暑いなぁとか言って、自転車通勤を延び延びにしているうちに、

もう8月になってしまいました。

一応気温と雨情報をチェックしながら、私の自転車通勤が始まりました。

まだ慣れていないので、ガードレールにチェーンを繋いだり、

停めていいのかわからないお店の前に駐輪する勇気がなくて、

会社帰りに素敵なお店に立ち寄ったところをご紹介!とはまだまだ言えない感じです。

自転車で通勤するからといって、細身のかっこいいパンツで颯爽と・・・というキャラではないので、

いつもの感じで通勤しています。

小林さん スタイル1

普通過ぎてますが、とても楽ちんスタイルです。

小林さん スタイル1置き撮り

洋服はLe pivot ・ハットはsashiki・バッグはドラゴン・靴はダンスコ

カゴやバッグの中身が全開の時は、こんな風にレースのハンカチとか

冬ならウールやファーの小さい布を上にのせてお出かけします。

小林さん バッグ

ポケットのないバッグの時のカギはこんな風にしています。

小林さん キーリング

シルバーのキーリングはずっとティファニーを愛用していて、これは2代目。

ネジが取れちゃって部品がもうないので、新しいデザインのものに買い替えました。

皮のキーストラップはTEMBEAのものです。

以前は、家の前で常にガサゴソとカギを探していたのですが、

このキーストラップのおかげでスマートな(?)帰宅となりました。

 

ジュエリーのアップもご紹介します。

小林さん スタイル1アップ

3連のパールネックレスはペルラジオーネ・ピアスはメゾンルーバスです。

 

ワイドのキュロットを履いてますが、こんな風に右足だけ裾バンドを付けるとチェーンにからみません。

小林さん スタイル2裾バンド

 

 

 

 

オーダーした自転車は、次のページで。

そして私の自転車はこちらです。

出来れば付けたくなかったのですが、バスケットはやっぱり必要なので、

見た目重視で、浅いタイプのものに。

小林さん 自転車

前のブログでも載せましたが、TOKYO BIKE BISOU 26 というモデルのマットアイボリーです。

小林さん マットアイボリー

身長145cm~対応で、坂の多い都内でも安心な7段変速!

どうしたら7段も使いこなせるのかは、今のところわかりません。

ライトもベルもシンプルで小さいものを選びました。

写真の真ん中にあるのがライト。とてもコンパクトです。

小林さん ライト

こちらはベル。グリップの前・ハンドルに巻き付くように付いています。

小林さん ベル

車体に傷が付かないように、シリコンラバーで覆われたロック。

一番簡単そうなものを選びました。

小林さん ロック

そうなってくると空気入れも新調したくなるものです。

小林さん 空気入れ

 

 

 

別の日のスタイリングは…

翌日はこんな感じです。

小林さん スタイル2

お気づきでしょうか?

前日の写真で着用した服と上下とも色違いです。

小林さん スタイル2・置き撮り

元々シンプルな洋服で同じ型の色違いが多い私は、このスタイリングで自転車可!と思ったら、

その色違いで小物を変えて出勤しています。考えすぎない為の時短的な・・・。

翌日のサンダルはトリッペンで、かごはイーフレーゲというブランドでバーニーズ限定販売のものを。

小林さん スタイル2アップ (2)

ピアスだけ前日と一緒ですが、タッセルのネックレスは、アレーシャル・ジラードの作品。

こちらはプレスの岡本敬子さんがプロデュースしている千駄ヶ谷のPilliというお店でのみ販売しています。

小さいターコイズのネックレスはリニエ、こちらの帽子もsashikiです。

sashikiさんには、サイズを合わせて作って頂いてます。

 

番外編でこんな日もありました。

近所の東京体育館のトレーニングルームなど行ってみました。ほぼ見学でした。

小林さん 体育館ファッション

こういう時のトップスは、Le pivotのサテンのカットソーを着ていて、パンツはアディダスで。

自転車は、やっぱりこちらのスタイルの方が断然乗りやすかったです。

それにしても、お気に入りの自転車があると、いつもなら絶対行きそうもない施設利用など、

行ってみようと思うから不思議です。

最後に乗っている写真をパチリ。

小林さん 自転車乗り

ではでは皆さま、素敵な夏をお過ごしください。

 

 

 

Le pivot公式サイト

http://lepivot.jp/

blog

http://blog.lepivot.jp/

Instagram

https://www.instagram.com/lepivot.jp/

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#関東 #東京23区内

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第23回/今、話題のGINZA SIXのレセプションは、TPOを考えて白黒コーデ。…

次の記事>

次の記事>
第25回/休日出勤の日は楽に過ごせるお出かけ服で、朝から晩までフル稼働。…

この連載の最新記事

夏から秋へ。季節の変わり目コーディネートは小物類が活躍します

第43回/夏から秋へ。季節の変わり目コーディネートは小物類が活躍します

久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

第42回/久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

第41回/9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル