美容ライター・山崎敦子さんがブローネの 「おうち染め」を愛用し続ける理由


OurAge世代の悩みで、常に上位にあるのが白髪のケア。定期的にヘアサロンで染めるのは結構大変なこと。少しだけ伸びてきてしまった根元の白髪が気になっておでかけが楽しめないことも。いつでも白髪のない状態をキープできたら嬉しいですよね。

 

美容ライターの山崎敦子さんは50代になり、仕事仲間から「白髪染めマスター」と呼ばれるように。実は、山崎さんが気に入って使い続けているのが「ブローネ」の白髪染めなのだそう。2008年に発売された「ブローネ泡カラー」と出会ってから、かれこれ10年近く、すっかり「おうち染め」派になったのだそうです。その理由や製品の選び方、使い方のコツをじっくり伺いました。

やまざき あつこ
女性誌を中心に、スキンケアからメイク、ヘアまで、幅広い分野の記事を手がけている。つねに若々しいロングヘアをキープ。ツヤ美髪が評判

 

*   *   *   *

 

私も昔はサロンで染める派だったんです。自分で染めると、ムラになったりするのでは……と思っていたので。ところがある日、友人が我が家に遊びに来たときに、おうち染めの印象がガラリと変わる出来事がありました。

 

美容ライターのお仕事をしていると、サンプル商品をいろいろいただくことがあります。ちょうどその時、各社の白髪染めが自宅にいくつかありまして。友人が「使ってみたい!」というのであげようと思ったのですが、彼女の髪もしっかりカラーしてあります。「その髪の色に合う??」と聞くと、「白髪染めの色と髪の色って、多少色味が違っても、仕上がりはそんなに気にならないのよ」というのです。光が当たった時などに、ちょっとしたニュアンスの違いが出る程度だ、と教えてくれました。全然ナーバスになる必要がない、と聞き、急に興味がでてきたんです。

さらに、いつも行っていたサロンは思うように予約が取れず「今日、染めたい!」というタイミングで染められない、というストレスもありました。白髪って、気になったらすぐ染めたいじゃないですか。そんなこともあって、おうち染めデビューしてみることにしたんです。

 

試してみたのが「ブローネ泡カラー」。私は髪が長いので、クリームで染めるタイプのものよりも泡で染める方が断然簡単だったんです。髪全体に泡をもみこんで染めていくので、シャンプーをするような要領で、初めてでも上手く染まったのもハマってしまった理由。

 

それから愛用し続けているのは、全体染めにはブローネの泡カラー、部分染めにはワンプッシュカラーです。生え際や根元が気になったらワンプッシュカラーでちょこちょこ染めて、襟足のあたりに白髪が出てきたら「全体染め(泡カラー)」をするタイミングと決めています。

 

ブローネ 泡カラー<医薬部外品>
シャンプーをするように泡をもみこむだけでムラなく簡単に染め上げる。シルクエッセンス※(毛髪保護成分)やロイヤルゼリーエキス(うるおい成分)などのうるおい成分配合。しっとり艶やかな仕上がりに。
¥1,000(税抜・編集部調べ)/花王  ※水解シルク液

 

ブローネ ワンプッシュカラー<医薬部外品>
なめらかな「浸透クリーム」が根元までよくなじみ、髪1本1本に行きわたる。「やわらかブラシ」が浮きやすい根元まで密着。ハケ状の「ミニブラシ」で耳まわりの短い白髪もしっかりキャッチし、染め残さない。
¥880(税抜・編集部調べ)/花王

 

 

そして実はもうひとつ、私が10年近くブローネを使い続けている理由があります。それは……

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第23回
美容ライター・山崎敦子さんがブローネの 「おうち染め」を愛用し続ける理由

  • To Top