東京国立博物館「トーハク」の庭園は一見の価値があります

プロフィール写真

洋の東西を問わず、「ストーリーのあるモノ」に魅かれます。〈歴史あるもの〉〈流行りもの〉双方ともに好き。皆様に幸せ訪れる様なお出かけを、東京中心にお伝えしてまいります。

いつも素敵な展示で賑わっている東京国立博物館。

通称「トーハク」の庭園で、深まる秋を楽しんでまいりました。

 

トーハクの敷地は、もともと寛永寺の境内でした。

(寛永寺は現在、トーハクの裏手にあります)

庭園は、本館北側にあります。

 

寛永寺のお庭だったと考えられています。

 

毎年2回、春と秋に公開。

今回、秋の庭園開放に行ってまいりました。

 

鑑賞に行った展示会場が大変混雑していたので、

(会場を出たら、入場制限がかかっていて、なんと70分待ち!)

庭園に出た時の清々しさは、格別でした。

思わず、深呼吸。

 

本館を背に、池を中心に反時計回りに5つの茶室を拝見しながら

散策することにしました。

 

まず、【九条館】を拝見します。

赤坂の九条邸にあった建築。

木造平屋建て。

欄間には、カリンの一枚板に藤花菱の透かし彫りが施されています。

建物の佇まいはもちろんのこと、

窓越しに見える庭園が雅やかで、とても素敵です。

住まってらした方の風流な暮らしぶりが伺えます。

 

【応挙館】を拝見し、庭園中央の池の辺りで庭園を見渡し、

美しさに足を止めます。

池の前のベンチにかけた女性たちが、

何とも穏やかな表情で庭園を愛でていました。

 

次に【五重塔】を拝見します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top