インドで日本人の髪結い夫婦にカットしてもらった新年

プロフィール写真

和歌山生まれ、西日本アチコチ育ち。結婚後~広島県在住。ガーデニング系の資格を多数所持。好きなことには猪突猛進。現在、毎日のウォーキングから発展して、各地名山の登頂をもくろみ中。地の利を活かして瀬戸内中心にお出かけ情報をお届け予定。

「ガンジス河で2018年の初日の出を拝もうツアー!!」と銘打った、企画をとある20代男子にプレゼンされ、ウッカリ行ってしまいました。

 

寝台列車で22時間かけて、インドのオディッサ州「プリー」から、ガンガー(ガンジス河)で沐浴で、おなじみのウッタル・プラデーシュ州「バラナシ」へ。

バラナシ、ガンガー沿いの街中は、まるで迷路のよう。
狭い路地に牛や犬も徘徊するので、こんな光景も珍しくありません。

大晦日は、宿で宿泊者の皆さんと一緒にインド名物のタンドリーチキンをいただきました。

インドでは日本ほど、年末感はないものの、観光地であるバラナシは各地から観光客が集まり、各宿は満室のようでした。

 

新年明けて、0時を回ると、あちらこちらで個人的?にロケット花火等が打ち上げられて、若干の新年感♪

翌日の「初日の出ボートツアー」に向けて就寝。

 

元旦。早朝のガンガーはこんな感じ。

インドは暑いイメージあるかも、ですが。。。、1月のバラナシは寒い!!!!!!!
ジーンズの下にも色々履いて、下着も着込んで、ダウンジャケットを着て・・・という感じでないと凍えてしまいます。

白々と夜が明けそうになる中、船に乗って出発です。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

  • To Top