気象予報士が教える花粉3K対策とは? ポイントは静電気!?


今年は昨年よりも多めという予報が出ている「花粉」。天気予報で発表される明日の花粉の量。どうやって予報を出しているかご存知ですか? 気象予報士の今村涼子さんに、花粉予報の裏側をお聞きしました。

 

いまむら りょうこ/気象予報士
1973年、奈良県出身。1999年に気象予報士資格を取得。2004年テレビ朝日「報道ステーション」で防災気象解説、2005年からテレビ朝日「スーパーJチャンネル」で気象キャスターを担当。天気に興味をもったきっかけは、子供の頃「雨女」だったことから。

 

 

■実は花粉をひとつひとつ数えていた!

この時期、毎日出される花粉予想。どうやって量を判断しているか。なんと、花粉の数をひとつひとつを数えて半日~1日先の予報を出しているそうです。

 

「ウェザーニューズ社、日本気象協会、東京都の各自治体などが花粉を採取して数え、データを発表しています。各テレビ局はそのデータを元に予報を発表するのですが、実はそれに加えてテレビ朝日は独自で採取して、毎日花粉の数をカウントしています。朝のニュースは前日の数、夕方のニュースは朝9時過ぎに数えたものが予報に生かされます」

上の写真はテレビ朝日屋上に設置されている花粉採取器。スライドガラスにワセリンを塗ったもので、1日に2回、プレートを取り換えて花粉の数をカウントしているそう。

 

「カウントはウェザーセンター内にあるこちらの顕微鏡で、気象予報士が交代で数えています。丸く写っている粒がスギ花粉です」

 

気温が一気に上昇した3月1日の

花粉の拡大画像を次のページで!

 

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第28回
気象予報士が教える花粉3K対策とは? ポイントは静電気!?

  • To Top