札幌の再開発エリア「創成川イースト」UMIEREとサッポロファクトリーで魅惑のスイーツを。

プロフィール写真

(エルエル) 札幌で夫とふたり暮らし。金融関係で働いています。パンを作るのも食べるのも大好きで、小麦大国北海道の美味しいパンを探し歩いています。北海道は食材そのものが美味しい土地。見所も沢山あります。北から発信するおでかけをご紹介します。旅行とヨガがストレス解消法。

今年は、蝦夷地の名称を「北海道」と命名してから150年目の年。
明治2年から北海道の開拓が進められます。
札幌の中心部を流れる創成川。

開拓使によって「創成川より東は工業地帯にすべし」となったことの名残でこの地域は街中にありながら、数年前まで、ビルやマンションの中に石造りの倉庫や古い民家、商店、町工場などがある特にフューチャーされることのない静かな市街地でした。

ところが最近、再開発が進められ「創成川イースト」と呼ばれるようになり、古い街並みと個性的なお店が混在する札幌のソーホーと例えられるような気になるエリアに。
その最も東側にあるのがサッポロファクトリーというショッピングモール。

日本初の日本人によるビール作りをするため建設された開拓使麦酒醸造所。

これが明治25年にレンガ建築のビール工場となり、工場の移転に伴い歴史的建造物を保存し工場の敷地を商業施設として再生させたのが、サッポロファクトリーなのです。


アトリウムの階段は、いつも花で埋め尽くされ、まだ雪のある札幌でもここだけ春のようです。
こちらの巨大アトリウムなど7棟に約160のショップ、レストラン、シネコンなどが集まっています。

何せ広いので、ベンチやソファーがたくさんあるのが有り難い。お昼時には、サラリーマンやOLさんが景色のよいベンチでお昼を食べていたりします。

 

いよいよお目当てのあの場所へ。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

  • To Top