東北三大地主のひとつ、旧家池田氏の庭園へ

プロフィール写真

秋田県在住。映画と猫とスキンケアが大好き。同級生とギター&ボーカルのユニットを組み、たまに音楽活動も。20年来のパートナーが経営する、地元密着型居酒屋で働き、お休みには友人とのお出かけを楽しんでいます。県内と、お隣の岩手県(知り合いが多数在住!)など、私の東北ご近所旅をお楽しみいただけたら、と思います。

秋田県大仙市高梨にある、旧池田氏庭園。こちらは明治時代後期 ~ 大正時代作庭の日本庭園で、当地の旧家で大地主であった池田家の庭園。2004年(平成16年)2月27日に国の名勝に指定されました。

明治大正期における公園設計の第一人者としての実績と名声は全国に及ぶ、近代公園の先駆者であり、近代造園の祖として評価されている、長岡安平氏が設計・造園した庭園。

 

ここ池田邸は、東北三大地主の1つに数えられた豪農で、明治時代から第二次世界大戦後の農地解放まで秋田県の政治・経済・文化に大きな功績をのこした資産家です。

本家庭園の敷地は4万2千㎡で、当時の所有田畑は1200町歩(坪数にすると、なんと360万坪!)、小作人は1250人の、国内でも有数の千町歩地主でもありました。庭園敷地4万2千㎡というと、東京ドーム1個分ぐらいでしょうか。

 

実は私の祖父も、私の母が幼い頃はこちらの池田邸で働いていたそうです。友人の祖母や曾祖父も働いていた、という人がけっこういます。

 

見学チケットを買って(300円です。)外に出ると、昔の大八車がそのまま保存され、蔵の横に置かれていたり、貢献してきた方たちの写真が至るところに飾ってあったり、働き手の全員を大切にし、とても栄えた農家であったことがうかがえます。

こちらの旧池田氏庭園は、年にほんの少しの期間だけ公開されていましたが、今年は5月19日(土)から11月18日(日)まで、長期の公開になったそうです。

 

実は私の家からすぐなのに、1度も行ったことがなかったんですよ。すぐ近くだと、いつでも行けるという頭でいるから、なかなか行けなかったんでしょうね。やっと今回、いつものお友だちと見学してきました。お友だちも、初めてだったそうです。とにかく、なんて広いんだ! というのが1番の感想。

そしてやはり、地主だけあって、門・庭の作りや洋館など、近くにこんな美しいお屋敷があったなんて!と、お友だちと2人、感動しきり。

 

高さ・笠の直径共に約4mの国内最大級の雪見灯籠は、大きさだけではなく、どの方向から見ても同じ見え方というその造りの緻密さ・バランス、素人の私でも目を見張ります。

 

次に続きます。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top