特別展「国宝 東寺─空海と仏像曼荼羅」の見どころ案内

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

寺社部長の吉田さらさです。

上野公園ではいよいよ桜が咲き始め、3月26日より、東京国立博物館にて、特別展「国宝 東寺─空海と仏像曼荼羅」も始まりました。今回は、3月25日に開催された、この特別展の報道内覧会のレポートをお届けします。

この連載でも、第94回第95回の2度にわたり東寺のご案内をしてきました。そちらでもお伝えしたように、今回の特別展では、東寺の講堂におられる立体曼荼羅と呼ばれる仏像群のうち15体が展示されます。

中でも、仏像界きってのイケメン仏と呼ばれる帝釈天騎象像(たいしゃくてんきぞうぞう)に人気が集まると思われますが、そもそも、その「立体曼荼羅」にはどんな意味があるのでしょうか。

 

この特別展は、空海が日本に伝えた密教の教えはどんなものなのか、その中で曼荼羅はどのような役割を持っていたのかなどが体感できる構成になっています。それらを順を追って見て行くことにより、なぜ空海が、仏像の形で立体的な曼荼羅を作ったのかがより深く理解できますので、じっくりご鑑賞ください。

 

まずは、第一章「空海と後七日御修法(ごしちにちみしほ)」から見て行きましょう。

重要文化財 弘法大師像(談義本尊)

鎌倉時代・14世紀 東寺展

(展示期間:3月26日(火)~4月21日(日))

 

 

こちらが中国で密教を学び、東寺や高野山を本拠地として、その教えを日本に広めた弘法大師空海です。

密教を理解するには造形物が必要であると考え、教えをビジュアルとして体感できる曼荼羅や仏像などの制作を指導しました。

国宝 風信帖(第一通)(部分)

空海筆 平安時代・9世紀 東寺蔵

(展示期間:3月26日(火)~5月19日(日))

 

「弘法も筆の誤り」という言葉もあるように、空海は書の名手でもありました。これは、天台宗を開いた最澄に宛てた3通の手紙が貼り継がれたものです。

 

空海は、承和2年(835年)に、宮中真言院において後七日御修法を始めました。明治時代以降、東寺で行われているこの儀式は、真言宗の中でもっとも重要な修法として、かたく秘されてきました。今回の特別展では、その修法が行われる時の堂内の様子が再現されています。

こちらがその修法を行う際の道場の再現です。

堂内には、二つの曼荼羅が、東西に向かい合わせに掛けられ、その前には法具が並べられた大壇が設けられています。

背後の壁には曼荼羅がかけられています。曼荼羅とは、この宇宙のどこにどんな仏様がいらっしゃるかを示した図で、儀式の際の礼拝の対象となります。右の写真が「胎蔵界曼荼羅」、左が「金剛界曼荼羅」。この二つを合わせて「両界曼荼羅」といい、真言密教の寺院には欠かせない要素のひとつです。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第96回
特別展「国宝 東寺─空海と仏像曼荼羅」の見どころ案内


  • To Top