HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/284450/

ピーターラビットのバースデーパーティーに招かれたよう!

愛子

愛子

東京都在住。超高齢出産を経て7歳娘の育児に奮闘中。特技は四柱推命鑑定。美味しいお店巡りと旅行(特にハワイ・沖縄)が大好きです。都内近郊のお出掛けスポットやグルメ情報を発信していきたいと思います。

記事一覧を見る

皆さんは小さい頃、ピーターラビットのキャラクターがお好きでしたか?

絵本を読まれた方もいらっしゃると思います。

私は大人になってからイラストの可愛さに惹かれ、好きになりました。

また、イギリスへ留学していたこともあり、洋書の絵本に興味を持ったりもしました。

 

 

留学時代にピーターラビット生誕の地である湖水地方へ行けなかったため、現在世田谷美術館で開催されている「ピーターラビット展」へ行ってきましたよ。

2022年の今年は最初の絵本「ピーターラビットのおはなし」を刊行されてから120周年のメモリアルイヤーだそうです。

 

そのメモリアルイヤーをお祝いして、ピーターラビットのの誕生前夜から今日に至るまでの歩みを、物語の原点となった絵手紙や貴重な彩色原画など約170点で振り返る展覧会でした。

 

「ピーターラビットのおはなし」は、1893年に作者のビアトリクス・ポターが、病床の元家庭教師の息子ノエル・ムーアを元気づけるために送った絵手紙が原点となっています。

 

「ピーターラビットのおはなし」の内容ですが、主人公のピーターがいたずらっ子で、いたずらをする様子がとても微笑ましく、また、ピーターを見守るママの温かさに心がほっこりします。

ピーターの兄弟と優しいママ。

そんないたずらっ子の様子が展覧会ではたくさんディスプレイされていましたよ。

ママから言っちゃダメと言われていたマグレガーさんの畑に行き、ラディッシュを食べてしまうピーター。

マグレガーさんに見つかり、走るピーター。

畑の木戸をくぐり抜けて逃げるピーター。

家まで走り続け、夜、具合が悪くなってママに手当てをしてもらっているピーター。

 

また、展覧会ではピーターラビットの世界を体験できる本場イギリス湖水地方の「ザ・ワールド・オブ・ビアトリクス・ポター・アトラクション」が、特別に制作した高さ180cmの特大バースデーケーキも飾られていました。

お土産コーナーにはたくさんのピーターラビットグッズがあり、お菓子や可愛いグッズを購入しました。

たくさんあって迷うほどでしたよ(笑)

 

ピーターラビット展は6月19日(日)まで開催されています。

 

会場の世田谷美術館は壮大な敷地の砧公園内にあり、公園をお散歩するのも気持ちが良いですよ。

 

ピーターラビット展

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#関東 #東京23区内 #アート

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル