ナパ・バレーの素敵なワイナリーへ行って来ました。

プロフィール写真

カラー&イメージコンサルタントとしてセミナー活動や自宅サロンで活躍中。夫と息子三人と愛犬2匹の家族。フラワーアレンジメント、アロマテラピーの資格も持つ。ファション、ミュージカル、映画、オペラ、コンサート、舞台、テニス、スキー、旅行と多趣味。

サンフランシスコへ約30年ぶりに行って来ました。

unnamed

サンフランシスコに到着した翌日に北加日米会会長の木村耕蔵さんに車でゴールデンゲートブリッジからナパバレーまで丸一日ご案内いただきました。 ワインブームで日本での知名度がアップしたナパはサンフランシスコから車で約1時間半です。まずゴールデンゲートブリッジで記念写真を撮りました。青い空、美しい海に感動しました。

unnamed2

1972年フランスのパリで行われたワイン競技会でナパのカベルネソービニヨンが優勝して以来、一躍知名度を上げたカリフォルニアワインはアメリカで生産されるワインの大部分を占めています。

 

まずロバート・モンダヴィ・ワイナリーへ行きました。 カリフォルニアワインの父と呼ばれる、ロバート・モンダヴィ(1913-2008)。

unnamed3

unnamed4

ミネソタ州ヴァージニアでイタリアのマルケ州から移民してきた両親チェザーレとローザの長男として生まれました。

 

「ワインをアメリカ文化の中に浸透させようという私の情熱は、私の両親が中央イタリアから持ち込んだ価値観、伝統、そして日常の楽しみを、この若い国アメリカの地に深く根付かせたという強い思いに寄る物である —そしてそれは美味しい食事とおいしいワイン、加えて家族の愛なのだ」

 

と語っています。ロバート・モンダヴィは1936年スタンフォード大学を卒業しました。大学では経済・経営を専攻しましたが、ワイン産業で成功するにはワイン造りの専門知識と同じくらいマーケティングが重要だということを知り、その考えは彼のワイン造りの根幹に大きく関わって行きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
2015/06/19
ナパ・バレーの素敵なワイナリーへ行って来ました。


  • To Top