サイクリストの聖地 白石峠で思いがけない出会い

プロフィール写真

外資系企業で働くアラフィフOL。片付け好きが高じて整理収納アドバイザー講師もしています。バレエ鑑賞や食べ歩き、インテリアショップめぐりに温泉旅行など、「行ってみたい!」と思ったら即行動するタイプ。都内在住4人家族+ねこ2匹。

見知らぬ土地の景色を楽しみながら、その土地ならではの食を味わうものなかなか楽しいものです。白石峠がある「ときがわ町」は有名観光地ではありませんが、山の空気や風景が日頃の疲れを癒してくれる優しい場所でした。

 

ヒルクライムとは自転車で坂を登るタイムレースのこと。2004年埼玉国体のコースになったことから“埼玉のサイクリストの聖地”と呼ばれているそうです。

 

さすがにこの時期ライダーの姿は多くありませんが、時折、颯爽と坂を下りてくるその走りはとにかくカッコイイ!

写真1

実は、毎週この坂を走り込んでいる友人から、「いつも大行列のお蕎麦屋さんがある」と聞き行ってみたのがこちら「とき庵」。

写真2

なんでも「黒いお蕎麦」が人気で、香りも栄養も丸ごとつまった美味しいお蕎麦なんだそう。この日は平日、行列は見当たりません。「これはラッキー♪」と思っていたら入り口にこんな張り紙が。。。

写真3

「ひぇ~」まさかのお休み??「残念…こんなこともあるわよね」と気を取り直し、同じ道沿いにある第二候補のうどん屋さん「やすらぎの家」へ行くことに。ところがここが予想外にとっても素敵なお店だったんです。

 

この地域では少し前まで、「うどんを上手く打てないと嫁に行けない」と言われるほど、地粉うどんが毎晩食卓に並んだのだとか。自家用にはうどん、来客があると地産のそば粉を取り出してそばを打つのが風習だったそうです。

 

「なるほど、それでうどんも蕎麦も美味しいのね」なんて言いながら、石段を上ると落ち着いた雰囲気のお店が。なんと100年以上前の古民家がお店として使われていたんです。自然に溶け込んだ風景に感動しますよ。

写真4

畳み敷きに太い梁、そこで打ちたて茹でたてのコシのあるうどんが食べられます。私は「天ぷらつけうどん」、友人は「温肉汁つけうどん」をいただきました。

写真5

地元産のてんぷらは野菜の甘みとサクサクした食感がとにかく美味しいんです。もちろんうどんも歯ごたえバッチリ。実はこの店・・・

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
2016/01/09
サイクリストの聖地 白石峠で思いがけない出会い


  • To Top