女ひとりのスキー旅 星野リゾート裏磐梯猫魔スキー場

プロフィール写真

外資系企業で働くアラフィフOL。片付け好きが高じて整理収納アドバイザー講師もしています。バレエ鑑賞や食べ歩き、インテリアショップめぐりに温泉旅行など、「行ってみたい!」と思ったら即行動するタイプ。都内在住4人家族+ねこ2匹。

やってきましたスキーシーズン♪今回は暖冬の影響で各地のスキー場オープンが遅れる中、年末からたっぷりの雪が降り積もった裏磐梯猫魔スキー場へ行ってきました。

東京から新幹線で約1時間、JR郡山駅から無料シャトルバスに乗り、絵画のような木立を眺めながらゲレンデに向かいます。

写真1

スキー歴30年、家族の都合が合わない時は、スキー仲間や友人、時にはひとりでスキー場へ出かけています。かつてのスキーブームを経験しているアラフィフ世代ですから、「子どもが小さい頃は一緒に行ったけど・・・」とやめてしまってはもったいないですもんね。

裏磐梯猫魔スキー場は、とにかく豊富な積雪と「ミクロファインスノー」と呼ばれるパウダースノーを楽しむことができるゲレンデです。上級者にも中級者にも楽しいコースが揃っていて、かつてスキーをしたことのある人にもとっても滑りやすいスキー場なんですよ。

写真2

重いスキーセットは宅配便を利用すれば行きも帰りも楽々です。最近のレンタルは最新デザインが揃っているので現地で借りてしまうのも良いかもしれませんね。

この日の天気は曇りで雪がチラついています。そんな中、近くにいた方に写真をお願いすると、「動きがあったほうが楽しそうですよ」ということでこんな写真に。

写真3

さあ、寒さに負けずリフトに乗って山頂へ!猫魔スキー場の標高は1338m、北海道のニセコアンヌプリ(1308m)より高い所にあるのでフカフカのパウダースノーを楽しむことができるんです。

写真4

しばらく滑っていると空が晴れてきて遠くに桧原湖や飯豊連峰を一望することができました。山の表情って一気に変わるんですよね。この山頂からの銀世界を楽しむだけでもゲレンデに来た甲斐があります。

 

一面の雪と青い空、都会では味わえない壮大な景色はこちら!→

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
2016/01/23
女ひとりのスキー旅 星野リゾート裏磐梯猫魔スキー場


  • To Top