温泉&うどん三昧の至福。うどん県グルメ旅 その2

プロフィール写真

和歌山生まれ、西日本アチコチ育ち。結婚後~広島県在住。ガーデニング系の資格を多数所持。好きなことには猪突猛進。現在、毎日のウォーキングから発展して、各地名山の登頂をもくろみ中。地の利を活かして瀬戸内中心にお出かけ情報をお届け予定。

瀬戸内海食いしん坊の旅 その1 でブランチうどんを終えて、お昼前から、温泉につかりに行きました。
行ったのは高松市内にある「仏生山温泉」。

 

とってもお洒落でモダンなつくりの温泉入浴施設です。

onsen1

待合にはちょこっとしたお洒落なお土産用のお菓子が揃っていたり、壁伝いに古本が並んでいたり(購入可)。

onsen2

併設の食堂や夕涼み場所もステキ。
浴室内(&露天)の画像は流石に撮れませんでしたが、期待を裏切りません。

 

私自身、これで3度目の来訪なのですが、こちらを何度となく利用する理由は何よりもココの泉質。少し”ぬるっ”とした重曹泉は、湯上りの肌をまるで化粧水に浸かったかのような、なめらかな状態にしてくれます。
日帰りの入浴施設なので誰でも入浴ができて、オトナ料金600円。
是非一度お試しください。

 

仏生山温泉でゆっくりとした後は、高松市の東にある香川の有名観光地「屋島」へと向かいました。
そこへ行く1番の目的は、釜揚げうどんで有名な”わら家”での遅めの昼食です。
(どんだけ食べるんでしょう・・・。正直今回うどん屋巡り3軒なので我が家にしては少なめ、です。)

waraya1

古民家を移築した趣ある”わら家”で食べるのは、王道な「釜揚げうどん」。
濃いめのアツアツなつけ出汁は、でっかい徳利で登場。

waraya2

出汁に生姜とネギを入れて、茹でたてうどんをいただきます。
太めのしっかりした麺にこの出汁が最高に合います。
多人数で行ったら、10玉入った、たらいで出てくる「家族うどん」がオススメ。
大人数で食べるとまたイイのです。

 

その後、今回は初めて景勝地である屋島山上へと行ってみました。
屋島山上からはこんな景色。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top