OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/80675/

メキシコ色が引き立つ黒のワンピースで「UTSU-WA?」の会へ。

小林一美

小林一美

「Le pivot(ル・ピボット)」デザイナー。
20代よりデザイナーとして活躍し、12年に表参道の裏通りに、自身のブランド「ル・ピボット」のオフィス兼ショップを構える。素材への思い入れが深く、着心地のよさでファンになる大人が後を絶たない。料理や器など、暮らしまわりへの造詣も深い。若い頃から、出張を含めて旅が多い。

記事一覧を見る

作家さんのうつわを使いながら、作家さんと一緒にお料理を楽しむUTSU-WA?という食事会があります。
お料理をふるまう船越雅代シェフは、京都を拠点にフリーランスのシェフとして活動しながら、これまで世界各地のレストランやイベントで腕をふるってきた、まさに海を渡る旅する料理人です。なのでUTSU-WA?は、東京で船越雅代さんのお料理を頂ける貴重な機会なのです。私は、友人が主催者の一人ということもあって、第1回目から可能な限り参加しているのですが、毎回楽しみで、食事のあとは何とも心地よい幸せな気持ちのまま、眠りにつきます。さて、今回で8回目のUTSU-WA?は、うつわと食とフリーダ(メキシコの画家)の会というテーマのもと、メキシコを連想させる色合いや、フリーダ・カーロからのインスピレーションに基づくテーブルセッティングなど、もちろんお料理も、世界各地を周って食事をふるまってきたからこその、無国籍なスパイス感に満ちた素晴らしいものでした。

 

シークレットレストランともいう Utsu-wa?
今回は神保町のとあるビルの6階で行われました。

小林かず未さん 看板

 

次々と料理のオーケストラのように繰り出されるお皿は、オープンキッチンから。

小林かず未さん 厨房

 

フリーダのイメージのメキシコカラーで演出されたフロア。

小林かず未さん フロア

 

天井にもこんな演出が。

小林かず未さん 天井

 

 

 

 

次のページでは色鮮やかなメキシコ料理と素敵なうつわが登場。

シェフの雅代さんが、盛り付けをデモンストレーションしてくださって、
その後、各自テーブルで取り分けます。

小林かず未さん デモンストレーション

 

私のお皿はこんな感じです。
最初にマルガリータ、次にメキシコのビール、お肉が出される頃にメキシコのスパイシーな赤ワインが。

小林かず未さん 盛り付け

 

土日で行われたこの会は、4名の作家さんが協力して下さるそうです。
2名ずつ、作家さんも食事会に参加されるので、直接色々なお話しを伺えて、
食後には、その場でうつわが購入出来るようになっています。

小林かず未さん 購入スペース

 

私は、自分の席で最初にセッティングされていた空のうつわに一目ぼれ。
神尾奈々さんという作家さんです。
スペインとイギリスで陶芸を学ばれ、色々な海や空の青を再現したいと作陶されています。偶然出来たブルーのグラデーションは、まさに世界に一つのお皿でした。

小林かず未さん 空の皿

空色なので、お皿をキャンバスに見立てて、雲のイメージでカッテージチーズをのせて使うこともありますが、卵サンドやチャーハンなど、日常的に気軽に使っています。

 

この会の素敵な主催者たち。
始まりはこちらの4人が、四者四様の食に対するアプローチを話しているうちに、
このような食事会を開催することになったそうです。

小林かず未さん 主催者

左が友人でライターのえなさん、うつわに造詣が深くて、彼女がテーマごとに作家さんにお声がけしています。左から2番目は映画関連の仕事をしているえつこさん、テーブルセッティングやお花のディスプレーを。3番目はエディターのなおみさん、料理に合わせたワインのセレクトはさすがです。一番右は、シェフの雅代さん、今回も色んな国のスパイスに海を越えた遠い国々を感じました。

 

小林かず未さん 雅代さん

雅代さんと記念撮影

 

 

 

今回のコーディネートはカラフルな食事会を意識したそう。

きっとカラフルな食事会なんだろうなぁと、
メキシコカラーが引き立つように、私は黒のワンピースにしました。
フリーダと聞いて浮かんだ髪の装飾で、ヘアバンドを。
ワンピースはLe pivotの来年用に着用テストしているファーストサンプル。
中に着たのは、DOSAのキャミワンピース、サンダルはトリッペン。
バッグはこちらのブログでもよく登場しているシルバーバッグの小さめヴァージョンです。神山町のCow’nで購入。

小林かずみさん スタイリング

 

小物を別撮りしてみました。
ネックレスは、MAISON RUBUS.で、右のロープベルトはエテールです。
ヘアバンドはたまたま入ったセレクトショップで購入しました。

小林かず未さん 小物

小林かず未さん 装飾

いつもよりちょっと腕にも装飾を。
左がZiio、右がrittaのバングル、指輪はすべてリニエです。

 

小林かず未さん マダム

ご一緒したマダムたち。
右はLe pivotの金井さん、左は傘のブランド・ボンボンストアのデザイナー・井部さんです。フリーダファッションとまではいかなくても、小物で演出。

 

楽しい宴は、誰と行くかもとても大切ですね。Utsu-wa?の会と愉快な仲間たちでした!

 

*当初、主催者の友人・知人をお誘いすることから始まったUtsu-wa?の会。
現在は、フェイスブックの公式ページでも今後の予定をお知らせしています。
開催は不定期になりますが是非チェックしてみて下さい。
https://www.facebook.com/utsuwa2011/ 

 

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#東京23区内

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜 今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜
<前の記事

<前の記事
第13回/映画や舞台、雨の日のおでかけコーデには魔法をかけて…

次の記事>

次の記事>
第15回/雨で肌寒い東京から、夏日の博多へ。コーディネートは両方の天気を考えて…

この連載の最新記事

夏から秋へ。季節の変わり目コーディネートは小物類が活躍します

第43回/夏から秋へ。季節の変わり目コーディネートは小物類が活躍します

久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

第42回/久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

第41回/9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル