なりきり山ガールも楽しい オトナの登山部☆天生峠から籾糠山登頂!

プロフィール写真

生まれも育ちも大阪という生粋の関西人ですが、結婚して名古屋在住に。昨年より、大学の研究室秘書として仕事を再開。美味しいものは、作るのも食べるのも大好き!「あれ美味しいよ~」と言われれば西へ東へ。子どもたちも独立したので、近場から、うんと遠くまで、興味をひかれたら心のままにおでかけします。

13%e7%b1%be%e7%b3%a0%e5%b1%b1%e9%a0%82600

いつもはカフェの新メニューやオープンするショッピングモールをいち早く察知し、いついこうかとワクワクする私ですが、ふっとたまに大自然に癒されたくなる瞬間があります。みなさまもそんな瞬間、きっとあるのでは。

 

電車の中吊り広告でみる美しい山々の写真に思わず見とれていたりして。
だけど、いきなり登山、とか無理だし・・・などと思っていたら、なんと友人が別コミュニティで“オトナの”登山部もどき“に入っているという情報をキャッチ。楽しいことには目がない私。早速、喜び勇んで入部させていただきました!

1-2%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba

・・・が、しばらくは、月に一度の誕生日会と称した楽しい飲み会に参加する“飲み会要員”。そうして当初の“登山したい!”という目的を忘れかけそうになっていたこの秋、満を持して山ガール(?)デビューいたしました☆

 

初登頂となった山は、岐阜県飛騨市と大野郡白川村にまたがる飛驒高地にある、標高1744mの籾糠山(もみぬかやま)。1988年(平成10年)に周辺の山域が岐阜県により、天生(あもう)県立自然公園に指定された、ぎふ百山のひとつです。どちらかというと、“登山”というよりも“ハイキング”に限りなく近い(?)やまのぼり、ということで、期待に胸を膨らませながら初体験してまいりました!

 

訪れたのは籾糠山の秋の紅葉が例年ピークとなる10月下旬。今年はお天気の加減で去年より色づいてはいない、と登山部の熟練メンバーがいっておりましたが、私にとっては十分な美しさでした。

 

朝5時に友人宅に集合して車に乗り合わせ、登山口まで向かうため、前日から友人宅へ宿泊。前祝い(?!)とばかり、ビールで乾杯〜!初めての登山に浮かれて、結構お酒もすすんじゃう無鉄砲な私・・・(汗)

1%e5%87%ba%e7%99%ba600

そうこうしているうちにあっという間に翌朝。まだ暗い5時に迎えに来てくれた登山部の先輩の車に乗り込み、東海北陸自動車道を経由して登山口のある、天生峠を目指します。途中、ドライブインによって朝ごはんにサンドウィッチと飲み物を買い込み、車内で腹ごしらえ。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

  • To Top