OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/otona_beauty/hair-concerns/250349/

頭皮の側頭筋、後頭筋、前頭筋のほぐす。マッサージが血行を良くし豊かな髪に!

ノンコ

ノンコ

私自身も、年齢とともに頭頂部の髪のボリュームが減ってきているのが悩み。髪が少ないとどうしても老けて見えがち! 髪を豊かに見せるのが最重要課題です。

記事一覧を見る

髪が減ってきたり、ツヤやハリがなくなってきたり、白髪が増えてきたり…。

40代、50代と年齢を重ねるにつれ、髪の悩みは深刻になってきます。

 

そうした老化の進行を少しでも遅らせて、いつまでも豊かで美しい髪でいたいですよね!

 

そのためには、頭皮の血行をよくすることが大事です!

↑ ベスト¥37,400/クレヨン(ライフ ウィズ フラワーズ) バングル¥16,500/チェルキ(ギャレッタ)

 

今回は、髪や頭皮の最新のケア事情に詳しい、美容エディターで毛髪診断士の伊熊奈美さんにアドバイスしていただきました。


●伊熊奈美 さん

美容エディター。毛髪診断士。認定指導講師。
女性誌などで20年以上、美容記事を執筆、編集。毛髪科学を踏まえたヘアケアに精通。著書に『頭皮がしみる、かゆいは危険信号! いい白髪ケア、やばい白髪ケア』(小学館)がある。

 

カーディガン¥27,500(ピッチュン)・ネックレス¥7,700(タバサ)/パパス 白ブラウス¥35,200/クレヨン(ライフ ウィズ フラワーズ) プラチナピアス¥99,000/イトイ

 

伊熊さんによると…。

 

「髪は、その材料となる栄養や酸素を運ぶ血液が、頭皮の毛穴の奥の毛母の部分まで届いて初めて、生える準備が整います。私たちが豊かに髪を生やしたいのは頭頂部ですが、実はそこには筋肉も太い血管もありません。そこで側頭部、後頭部、前頭部にある血管から、筋肉を動かして、頭頂部の毛細血管に血液を送ることが必要なのです

 

50代ともなると、全身の巡りや代謝が鈍くなりがち。それをスムーズに流す手助けをするのが、頭皮マッサージです

 

おすすめはブラシでのマッサージを朝晩行うことだそう。ここでは、その具体的な方法をご紹介します(↓)。

 

頭皮の3つの筋肉(側頭筋、後頭筋、前頭筋)をほぐして、帽状腱膜へと血流を促すマッサージをしましょう!

●ブラシを使う頭皮マッサージ

1 側頭筋をほぐす

2 後頭筋をほぐす

3 前頭筋をほぐす

4 全体をほぐす

上記の頭皮マッサージは、肌あたりが柔らかい、頭皮にあたったときに心地よいと思えるブラシを使いましょう。頭皮が痛いと感じるブラシは刺激が強すぎるので避けて、と伊熊さん。

 

こうした頭皮マッサージを日常的にコツコツ行っていれば、効果が上がってくるのを実感できるはず。漠然と行うよりも、上のように筋肉の場所を把握して、今どこを動かしているのかを意識して行えば、目的意識ができてマッサージも続けやすくなります。

 

ぜひ実践してみてください!

 

 

老化悩みを解決して若々しく健康な頭皮や髪を育むための方法は、上で紹介したブラシでの頭皮マッサージ以外にも、まだまだたくさんあります。

 

MyAge(マイエイジ)2021夏号のヘアケア特集「大人髪のことならこの人におまかせ! 教えて伊熊さん!~50代専用・髪悩み相談室」では、普段の生活の中で実践できる方法を、あの手この手で紹介しています。本気で髪と頭皮の老化を食い止めたい人はぜひ、こちらの特集をご覧ください!

 

MyAge(マイエイジ)2021夏号の詳しい内容と試し読みはこちでぜひチェックを!

MyAgeのご購入はお近くの書店にて。HAPPY PLUS STOREでもお買い求めいただけます。

最新号およびバックナンバーはこちらのネット書店でも。

 

撮影/天日恵美子 ヘア/横谷百栄<FIX-UP>(モデル) メイク/広瀬あつこ(モデル) ヘア&メイク/広瀬あつこ(伊熊さん分) モデル/水越日麻 スタイリスト/日置 彩(服) 取材・原文/伊熊奈美

今すぐチェック!

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

supported by 花王

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル