HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/otona_beauty/more/264921/

首の皮膚は顔の3分の2の薄さしかないって知ってる?/首が老化しやすい理由(前)

免疫力にも関係しているリンパ節や首の皮膚の特徴など、首が老化しやすい理由を、皮膚科医の髙瀬聡子先生に2回にわたって伺いました。

 

首の皮膚は薄く乾燥しやすい

●顔の約3分の2の厚さで伸縮性はあるが外刺激に弱い

「大切な首を守っているのは皮膚です。しかし、顔の皮膚の厚さは約1.7㎜なのに対し、首は1.2㎜しかありません。特に真皮が薄く、皮下組織との結合が弱いため、ハリがありませんが、よく動く場所に対応して、伸縮性が高いのが特徴です。

 

さらに、汗腺が多く汗をかきやすいのに、皮脂腺が少ないため、とても乾燥しやすいのです。さらにターンオーバーが顔などと比べて遅いので、首には老化のサインであるシワやたるみが出やすいのです」(髙瀬聡子先生)

 

●首の皮膚は薄くて弾力がない

首の皮膚は薄くて弾力がない

資料提供/資生堂

 

顔の皮膚は真皮が厚く、皮下組織との結合がしっかりしているので弾力があります。一方、首の皮膚は真皮が薄く、皮下組織との結合が弱いため、伸縮性がよく、動きやすい構造です。

 

 

リンパ節が多く、老廃物がたまりやすい

●免疫力にも関係している

「私たちの体にはリンパ液が流れるリンパ管があり、その途中にリンパ節があります。これらは各細胞から受け取った老廃物の集積所であり、外から入ってきた細菌やウイルス、体内に発現したがん細胞などの異物がないかをチェックし、免疫機能を発動する『関所』のような役割をします。このリンパ節は全身に800カ所以上ありますが、そのうち、首とデコルテまわりに約200カ所が集まっています」。

 

首のケアをしてリンパの流れを促し、新陳代謝を活性化することは、顔や首のむくみやくすみ、シワを解消するだけでなく、免疫機能を強化する効果もあります。

 

「今のコロナ禍に、首メンテを行うことはとても有意義です」

 

 

お話を伺ったのは

髙瀬聡子さん 皮膚科医

髙瀬聡子さん
Akiko Takase

1969年生まれ。ウォブクリニック中目黒総院長。皮膚科医。東京慈恵会医科大学附属病院勤務を経て、2003年にスキンケア化粧品「アンプルール」の研究開発に携わる。’07年より現職。丁寧でわかりやすいカウンセリングで、特に美容医療と薄毛治療に定評がある。雑誌やWEBサイト、テレビでも活躍

 

 

イラスト/かくたりかこ 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

40、50代女性の美容と健康に欠かせないビタミンC。噂の医師監修サプリメントが頼れる理由

40、50代女性の美容と健康に欠かせないビタミンC。噂の医師監修サプリメントが頼れる理由

PR
<前の記事

<前の記事
第2回/首が老化しやすいのは、生命維持に必要なものがすべて通る部位だから!?/高瀬聡子皮膚科医が解説…

次の記事>

次の記事>
第4回/首の可動域の広さを図解! 左右の回旋は各60度、前後は何度?/首が老化しやすい理由(後)…

この連載の最新記事

会話や笑顔が首の老化防止につながるワケ

第11回/会話や笑顔が首の老化防止につながるワケ

首や肩のこり、疲れをためないための血行促進ストレッチ3選

第10回/首や肩のこり、疲れをためないための血行促進ストレッチ3選

「首、手首、足首」を冷やさないほうがいい理由とは

第9回/「首、手首、足首」を冷やさないほうがいい理由とは

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル