OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

HAPPY PLUS

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/otona_beauty/more/270603/

「首、手首、足首」を冷やさないほうがいい理由とは

健康にも美容にも大敵な体の冷えや睡眠不足を解消して、シワやたるみを作らない生活習慣を目指しましょう!

 

保温
美容にも健康にも冷えは大敵!

「冷えは万病のもと! 昔から“首”がつく部位、首、手首、足首を冷やすなと言われています。それは大きな血管が通っているから。

 

ここを温めたり冷やしたりすることが、全身に影響を与えます。特に寒い時期には、外側はもちろん、内側からもしっかり温めることが大切です」(髙瀬聡子先生)

 

マフラーやスカーフで首を覆ったり、一日の終わりには湯船につかって、体を芯まで温めるようにしましょう。

老けない人の「首メンテ」保温イメージイラスト

 

睡眠
細胞をリセットする上質な眠りを

「睡眠は単に体の疲れを取るだけではありません。心と体のメンテナンスタイムで、脳の疲労回復、記憶の整理、各臓器や筋肉、骨、皮膚などの細胞を修復する時間です」。

 

十分な睡眠時間を確保できない、眠りが浅い、寝つけない…など、睡眠に関するトラブルは特にOurAge世代で急増します。

 

「朝までぐっすり眠れて、疲れを翌日まで持ち越さない…この“良質な睡眠”は心身の健康に必須。もちろん、首の老化防止にもなります」(髙瀬聡子先生)

 

 

お話を伺ったのは

髙瀬聡子さん 皮膚科医

髙瀬聡子さん
Akiko Takase

1969年生まれ。ウォブクリニック中目黒総院長。皮膚科医。東京慈恵会医科大学附属病院勤務を経て、2003年にスキンケア化粧品「アンプルール」の研究開発に携わる。’07年より現職。丁寧でわかりやすいカウンセリングで、特に美容医療と薄毛治療に定評がある。雑誌やWEBサイト、テレビでも活躍

 

 

イラスト/かくたりかこ 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第8回/気になる首のしわ!その原因は生活習慣? 避けるべき日常の姿勢とは?…

次の記事>

次の記事>
第10回/首や肩のこり、疲れをためないための血行促進ストレッチ3選…

この連載の最新記事

会話や笑顔が首の老化防止につながるワケ

第11回/会話や笑顔が首の老化防止につながるワケ

首や肩のこり、疲れをためないための血行促進ストレッチ3選

第10回/首や肩のこり、疲れをためないための血行促進ストレッチ3選

「首、手首、足首」を冷やさないほうがいい理由とは

第9回/「首、手首、足首」を冷やさないほうがいい理由とは

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル