草刈民代さんに聞いた、顔を直すよりも大事なこと (インタビュー/後編)


10月7日に公開される映画『月と雷』では、

見事なまでに「だらしなく、不健康な女」を演じた草刈さん。

自身の美と健康については、どう考えているのでしょう?

(「ダメな女」について語った、インタビュー前編はコチラ

 

撮影/萩庭桂太 ヘア&メイク/馬場利弘 スタイリスト/宋 明美 取材・文/岡本麻佑

 

草刈民代さん

Profile

くさかり・たみよ●1965年生まれ。東京都出身。84年牧阿佐美バレエ団に入団。海外のバレエ団へのゲスト出演も多い。96年映画『Shall We ダンス?』(周防正行監督)に主演。97年日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を始め映画賞を多数受賞。同年3月周防氏と結婚。2009年現役を引退後、女優に転身。最近ではドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日)『定年女子』(NHK)などに出演。107日公開の映画『月と雷』では、生活に疲れたダメな女・直子を演じ、新境地を開拓した。

 

顔のたるみは背骨のせい?
大事なのは、首と腰。

バレエダンサーだった頃、身体のあちこちに故障を抱えて、それを直すために自分自身の身体と正面から向かい合っていた草刈さん。50代に入った今、年齢とは、どう向き合っているのでしょう。

 

「年齢を重ねるのは、防ぎようがない。誰だって年はとるし、生きていくってそういうことですものね。でも今だからできることはあると思うので、それをちゃんとやっていこう、今までよりもっとできるようになろうと思えるモチベーションがあれば、見た目のことはあまり気にならないような気がします。

私は踊りを辞めて8年あまり、女優の仕事を試行錯誤しながら、それなりにトライしてきました。今私の1番の興味は、演じることです。もっともっと芝居ができるようになりたい。踊りでそれは経験していますけど、何かができるようになればなるほど、世界が変わってさらに高い所に行きたくなるものです。前より少しでも高い場所から景色が見渡せるように、これからも演技の経験を重ねていきたいと思っています」

 

でもそのために必要なのは健康ですよね、と、草刈さん。

 

「『健康であれば、大概のことはなんでもできる!』ってよく言うんです。今回の映画で、髪の毛が多少傷んでも平気でいられたのは、時間が経てばすぐに戻るという自信があったから。年齢だからと諦めてしまわないためには、健康でいることが不可欠だと思います。体力と気力があれば、すぐにポンと飛べるような自分でいられると思うんですよ」

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top