OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/137592/

黒木瞳さんの体幹を鍛えているのは?(インタビュー/後編)

新作映画『終わった人』で、定年を迎えて何もすることがなくなった夫と、美容師をやりながら、暇な夫の毎日にイライラする妻を演じた黒木瞳さん。

高齢社会に向かっているこの国の、いまやどこの夫婦にも起こりえるシリアスな問題を、コメディタッチで描いた心温まる映画である。

インタビュー後編では、黒木さん自身について、その変わらぬ美しさとスレンダーな体、健やかさをどう保っているのか、秘訣をうかがった。

(「夫の定年後対策」について語った、インタビュー前編はコチラ

 

撮影/萩庭桂太 ヘア&メイク/近藤志保(reve) スタイリスト/後藤仁子 取材・文/水田静子

トップス¥21,000・スカート¥26,000/カレンソロジー(カレンソロジー青山)  ピアス¥54,000・リング¥140,000/マリハ(マリハ伊勢丹新宿本店)

 

黒木瞳さん

Profile

くろき・ひとみ●10月5日生まれ。福岡県出身。宝塚歌劇団月組の娘役トップを務め、1985年、映画『化身』で映画初主演。以降、映画、ドラマ、舞台と活躍を続ける。『失楽園』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。2016年には、映画初監督作品『嫌な女』、2017年には監督作品2作目『わかれうた』を発表。2018年5月15日~30日には、吉田鋼太郎とともに日生劇場にて舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』に出演。

 

ラジオ体操には、
基本がすべてあります

「私は決してストイックではありませんが、ただ家にいてぼうっとしていることは、あまりありません。やることは多いですし、何やかやと体を動かしています。フィジカル面でずっと続けているのは、宝塚時代からのタップダンスくらいでしょうか」

 

今もほぼ週に1回、可能なかぎりレッスンに通っている。細いだけではない、きれいなふくらはぎの筋肉は、この練習のたまものだろう。昨年の秋、主演舞台『京の蛍火』のアンコールで、時代劇でありながら披露したタップの群舞は、意外性と華やかさで満場の拍手を浴びた。

 

「タップをすると足が太くなると思われていますが、実は逆です。OurAge世代には積極的におすすめしますよ」

 

そして舞台を控えているという今、ラジオ体操を始めたという。

 

「はい、NHKのあの体操です。あらためて始めてみると、体操の基本がすべてあるといいますか、体幹も鍛えられてすごいんです」

 

美容面でいちばん気をつけているのは、保湿。

「朝起きてすぐや、時間のあるときは化粧水を使ったパック。肌にたっぷりしみこませます。ですから化粧水だけはものすごい消費量ですよ(笑)」

つい先ごろ、久しぶりに休暇をとってハワイに出かけ、リフレッシュしてきた。

 

「ここ何年か、連続ドラマに出演し、映画制作で監督をやり、20年ぶりに写真集を作り・・・と、休みなく走り続けてきましたから」

 

人生は思いがけず早い、という。

 

「あっという間に終わりますから、あのときやっておけばよかったと後悔したくない、生ききりたいのです。思い立って決断するとすぐ動く性質だから、あえて意識的に休みをとらないと働き続けてしまうんですよ、私(笑)」

 

何度も訪れているハワイだが、今回はワイキキ沿いの、キッチン付のホテルで過ごした。

 

「マーケットに食材の買い出しに行って、ABCマートでシャンパンを買って帰る(笑)。レストランに行くよりも自分で気ままに作る時間が自由で楽しいんですね。朝はパンかごはん、卵料理にサラダ。夜はチーズタッカルビにも挑戦しました。外食では、ノースショアにガーリックシュリンプの美味しい店があるんですが、これもソースを買って部屋のキッチンで再現。このガーリックシュリンプソースは絶品! おすすめです。ホノルルのスーパーで買いました」

 

果てしなく青い空と海。ハワイの風と光を堪能した。

 

「あの空間で過ごしていると、難しいことなど考えられない。本当に開放されますね。ほとんど電話がかかることもないし、久しぶりにストレスフリーな日々でした」

 

英気を養って、いま再び駈け始めた。

帰国後、すぐに日生劇場でフランス劇を演じ、いまは新しいテレビドラマに入っている。

 

「人生の意味は、誰かの役に立てることだと思っています。それが私にとっては演ずる仕事。生涯続けていきます」

 

 

『終わった人』

東大卒で大手銀行に入行するも、出向先の子会社で定年を迎えた田代壮介(舘ひろし)。時間を持て余し途方に暮れる夫に、美容師として働きながら家族を支えてきた妻・千草(黒木瞳)は……。

6月9日(土)より、全国ロードショー

配給:東映

(c)2018 「終わった人」製作委員会

監督:中田秀夫 脚本:根本ノンジ 原作:内館牧子「終わった人」(講談社文庫)

出演:舘ひろし、黒木瞳、広末涼子、臼田あさ美、今井翼、田口トモロヲ、笹野高史ほか

公式サイト:www.owattahito.jp

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル