黒木瞳さんの体幹を鍛えているのは?(インタビュー/後編)


新作映画『終わった人』で、定年を迎えて何もすることがなくなった夫と、美容師をやりながら、暇な夫の毎日にイライラする妻を演じた黒木瞳さん。

高齢社会に向かっているこの国の、いまやどこの夫婦にも起こりえるシリアスな問題を、コメディタッチで描いた心温まる映画である。

インタビュー後編では、黒木さん自身について、その変わらぬ美しさとスレンダーな体、健やかさをどう保っているのか、秘訣をうかがった。

(「夫の定年後対策」について語った、インタビュー前編はコチラ

 

撮影/萩庭桂太 ヘア&メイク/近藤志保(reve) スタイリスト/後藤仁子 取材・文/水田静子

トップス¥21,000・スカート¥26,000/カレンソロジー(カレンソロジー青山)  ピアス¥54,000・リング¥140,000/マリハ(マリハ伊勢丹新宿本店)

 

黒木瞳さん

Profile

くろき・ひとみ●10月5日生まれ。福岡県出身。宝塚歌劇団月組の娘役トップを務め、1985年、映画『化身』で映画初主演。以降、映画、ドラマ、舞台と活躍を続ける。『失楽園』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。2016年には、映画初監督作品『嫌な女』、2017年には監督作品2作目『わかれうた』を発表。2018年5月15日~30日には、吉田鋼太郎とともに日生劇場にて舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』に出演。

 

ラジオ体操には、
基本がすべてあります

「私は決してストイックではありませんが、ただ家にいてぼうっとしていることは、あまりありません。やることは多いですし、何やかやと体を動かしています。フィジカル面でずっと続けているのは、宝塚時代からのタップダンスくらいでしょうか」

 

今もほぼ週に1回、可能なかぎりレッスンに通っている。細いだけではない、きれいなふくらはぎの筋肉は、この練習のたまものだろう。昨年の秋、主演舞台『京の蛍火』のアンコールで、時代劇でありながら披露したタップの群舞は、意外性と華やかさで満場の拍手を浴びた。

 

「タップをすると足が太くなると思われていますが、実は逆です。OurAge世代には積極的におすすめしますよ」

 

そして舞台を控えているという今、ラジオ体操を始めたという。

 

「はい、NHKのあの体操です。あらためて始めてみると、体操の基本がすべてあるといいますか、体幹も鍛えられてすごいんです」

 

美容面でいちばん気をつけているのは、保湿。

「朝起きてすぐや、時間のあるときは化粧水を使ったパック。肌にたっぷりしみこませます。ですから化粧水だけはものすごい消費量ですよ(笑)」

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top